2013年01月31日

ビオトーワ、飲む量を半分に〜!

ビオトーワの服用を1日4錠から1日2錠に減らした^^・・。去年の夏に腫瘍マーカーが上がって、ビオトーワの服用量をかなり増やしていたが・・・、特に体調が悪くなる感じがしないので、飲む量を減らすことにした!


膵頭十二指腸切除の術後なので、予防なら1日1錠か10日に1回10錠の服用で良いと、岡崎医師の本(「ガンの特効薬は発見済みだ」)に説明があった!病院に通っていた時は、やはり腫瘍マーカーが気になって上がってくるとなにかしなければ〜、という気分になる・・・。


しかし、病院に行かなくなってからは腫瘍マーカーのことは忘れている・・(^O^)・・。体調が悪くなればすぐ思い出すのだろうが、今のところ体調は良い^^。体調が良く、普通に生活できていれば腫瘍マーカーは、自分にとってはあまり関係がない^^・・・と割り切っている!!


そもそも、癌患者としては毎日体調に問題なく、普通に生活できることが目標だから、それができていればあまり神経質になることはないと思うのだが・・・。が・・、病院の先生はそうではない^^。血液検査の腫瘍マーカーやCT検査で、癌の兆候や目に見える小さな癌細胞を見つけることが目的(それが仕事・・)なんだから、見つけるまでやる〜。


見つけると必ず”嬉しそうな顔”をするのは、目的を達成したからなんだろう・(´・_・`)・?!先生は嬉しくても、患者にとってはまたストレスになる・・。体調が良くても心配になって、それが原因で体調が悪くなることも〜。心配し過ぎも良くないのだ!!


患者は、あくまで自分の体調に目を向けて判断すること、そして普通に生活することを最終目標に置くことが大事だ・・。ともすると、先生と一緒で、腫瘍マーカーを下げること、小さなガンを発見してやっつけること、、だけに目が行っていないだろうか?!


医師と患者は立場からすると、微妙に立ち位置が違う^^・・そんな気がするのです!


現在、病院からもらっている薬はないが、ビオトーワ以外に飲んでいるものもある・・。
  ・エビオス錠             毎食後に9〜10錠
  ・カルシウム・マグネシウム・亜鉛    1日1錠
  ・ビタミンD              1日1錠 
  ・アミノバイタル            1日1袋
   (筋トレのあとに水で飲む・顆粒状なので飲みやすい・必須アミノ酸補給)
  <追記>
   家内が買って飲んでいる「万田酵素」をもらって、1日おきぐらいに飲んでいる
   のを忘れておりました・・(^_^;)・・



以前は、ビタミンC、DHA&EPA+セサミン、なども飲んでいたが、みかんを食べる量が多い(1日5〜6個)のと、亜麻仁油・シソ油(オメガ3系脂肪酸)を毎日食べているので今は飲んでいない・・。サプリよりもできるだけ、食物から摂取するようにしたい。が・・、不足しそうなものはやむを得ないか^^。


 
にほんブログ村 健康ブログ 免疫力・抗酸化力へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代以上の生き方へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村

posted by げんき親父 at 07:50| Comment(4) | ビオトーワ・他サプリメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月30日

「半断食」健康法・・・

膵臓がん手術後もうすぐ1年半が経過する・・・。退院後、まだ体力に自信がないという理由で、抗がん剤治療を回避して、その後のCT検査、PET検査などでも顕著な転移や再発の兆候はなかった^^。しかし、去年の10月以降はCT検査からも逃げているので(汗)、どうなっているかは不明〜!


自分の体調に耳を傾けて、それだけを頼りに無治療を継続している・・(病院からみれば無治療だが、、自己流の療法はいろいろ継続中〜(´∀`))。体調が悪化して、腹痛、吐き気、発熱などが続いたら病院に行くことにしようか・・・考えたが、待てよ^^、もうひとつやってからにしよう〜!と^^。


それは何か??・・というと「断食」だ^^。今からやってみたら〜と言われそうだが、これも続けないと意味がない!!今の体調で、食い意地が張った状態では、継続は難しそうだ・・・。しかし、断食の効果は確実にあるのではないか・・・そう考えている!



          最近、石原結實先生の『「半断食」健康法』を読んだ^^。
          ・conv0227.jpg
          『「半断食」健康法』・石原結實著・講談社α新書
           2008.10.25第9刷発行・800円+税


石原先生は、一貫して「入れることより、出すことに注力すべき・・」と言っている。癌に良い食べ物はなにかを考えて、サプリや健康食品をたくさん摂取する方も多いが、、こういうものも食べ過ぎや摂取過多では逆効果になると・・・。便秘が続くと腐敗物質を腸が再吸収して、汚れた血液が全身を巡ることになる!


極論では、健康に良い玄米食も食べ過ぎれば、血液中に老廃物を多くして血液を汚す。動物性食品が大好きで野菜や海藻、豆など俗に言う「健康食」を一切食べないでも、小食にすれば結構長生きする事例が出ている。よって、「健康食・大食」よりも「悪食・少食」の方が健康に良いという結論になるという・・。


う〜ん、食べ過ぎてガンになった・・と自覚している私には、耳が痛い話だ!!「断食」は癌細胞に対してのいわゆる”兵糧攻め”に当たる^^。ガン細胞はブドウ糖が大好きだ・・。抗がん剤が”毒殺”だとすれば、”兵糧攻め”は,癌細胞にブドウ糖を供給しない作戦で、正常細胞に対する副作用はあまりない・・・。


ガン患者は、食べられなくなると体力が弱って病気に負けてしまうから、なんでもしっかり食べないといけない!・・これが通常の考え方だと思う・・。じゃぁ「断食」なんかしたら、すぐ死んでしまうのでは??と心配になるが・・、そうでもないらしい^^。


エネルギーや栄養が不足すると、代謝も滞り元気がなくなるのではないか・・。確かに低血糖状態が起こるが、まず断食すると余剰の血糖が次々と利用される。糖尿病の人もかなり血糖値が低下する・・。普通体内の糖(ブドウ糖)の蓄えは半日分しかないとされる。


そこで、体内の余剰タンパク質や病的細胞(がん細胞や炎症細胞)を分解して、アミノ酸からコーチゾール(副腎皮質から分泌される糖質ホルモン)が糖を作り低血糖を防いでいる^^・。また足りないカロリーを腹部、尻、皮下、内臓(脂肪肝や動脈硬化を起こしている血管内壁の脂肪など)などに沈着している中性脂肪を消費して、エネルギーを補給する^^。


要は、断食中は病的細胞や過多なっている脂肪などが、優先して活用され内蔵や通常細胞の代謝に使われる・・・。また、断食中は白血球数も増えて、免疫力が向上する・・。白血球のマクロファージは、食べすぎで体内に糖が過多になると、満腹になって癌細胞、細菌、ウィルスなどを貪食しなくなる。


断食中は、それがないので活発に活動して免疫力が強化された状態になるという。たしかに、ライオンも腹がいっぱいになれば獲物を捕らない^^。免疫力を高めるには「空腹状態」を維持したほうが良いのだ・・・。正常細胞を傷つけずに、いらないものから消費して免疫力を高める・・いいですね^^。


断食後は、血糖値も中性脂肪も、血管年齢、尿酸値、血圧などあらゆる検査数値が健康体に近づくという^^。それだけ現代人は食べ過ぎて消化活動にエネルギーが取られているようだ。だから石原先生は「入れることより、出すことに注力する・・」ことだと指摘しているのだ・・。


そう考えると、「食べ過ぎ」をやめることだけでかなりの病気が治るのではないか?!・・そんな気もしてくる^^。そういえば少食にした翌日の方が”便通が良い”ということもある・・。プチ断食で朝食を抜くのも午前中は”出す時間(便通)”だからという先生の説明がある!


食べることで血液が消化器系に集まると”だすこと”ができにくいらしい。また、食べすぎで低体温になることも指摘している。消化器系にばかり常に血液が集まっていると、筋肉(産熱機能がある)や末端血管に血液が回らないので、当然血液が行かなければ栄養も、酸素も、老廃物の回収もできないで、血流が悪ければ低体温になる・・・。


「ガンに効く良いもの」を食べることばかり気になっていたが、「何を食べなきゃ、何は食べないようにしなきゃ〜」なんて悩むより、いっそ一時的に何も食べない方が考える面倒もなく、効果もあるのかもしれない(苦笑)!


ということで、無治療を継続中の私としては、今後も食べ過ぎに注意して、それでもどうしても体調が悪くなったら、、まず「断食」に真剣に取り組もうと考えている次第なのです・・・(^-^)・・・^^。


野生動物は、病気になると本能的に何も食べずにじっとしているという。人間の場合は栄養のあるものをしっかり食べて治すように〜と言われる・・。どっちが正解なの??
ちなみに、こちらのサイトでは「食べなくても元気」にしている方もいらっしゃるようです^^
http://inedia.jp/almost.html
http://inedia.jp/




にほんブログ村 健康ブログ 免疫力・抗酸化力へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代以上の生き方へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村



タグ:半断食
posted by げんき親父 at 11:36| Comment(0) | 免疫力・治癒力の向上 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月28日

ワクチンは接種しないほうが良い?!

今晩のニュースで、インフルエンザがかなり流行しているとのこと・・・。インフルエンザワクチンは接種していないので、、どうしよう〜(´Д` )〜・・・、と思っている方も多いのでは?!


しかし、インフルエンザワクチンの効果を疑問視する情報もある!! 人それぞれなので、信じるかどうかは自己責任になりますが・・・。

http://ameblo.jp/kennkou1/entry-11458548356.html

http://www.thinker-japan.sakura.ne.jp/dontvaccinated.html


ワクチンが効かないとしたら、一体どうすればいいのか??
上記のサイトによると・・・、

インフル一番の予防は免疫を高めること これが第一!!
・免疫力を高める食事:オメガ3脂肪酸→青魚、クルミ、亜麻仁油、ゴマ油など。
ビタミンD→さけ、青魚、卵黄、しいたけ。毎日、適量のニンニク。白砂糖は免疫をおとすので控え目に。
・十分な睡眠
・適度な運動:血液の循環を良くする。リンパの流れをよくする。適度の日光を浴びる。
・ストレスを減らす。仕事・勉強で無理をせず毎日楽しく過ごす!
またTHINKERからの提案で紹介したMMSも有効です。
(以上、引用)


なんか、癌予防の免疫力向上作戦に似ているような気もするなぁ^^・・!


にほんブログ村 健康ブログ 免疫力・抗酸化力へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代以上の生き方へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村




posted by げんき親父 at 19:50| Comment(2) | 免疫力・治癒力の向上 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

・・お粥と焼き芋・・・

人間の食欲は、すごいなぁと思う! いや、私の食い意地が張っているだけか?!手術で胃の半分は切除されて、退院後はそれまでの4分の1ぐらいしか食べられなかった! それがいつの間にか、入院前と変わらないぐらい食べる量が増えている・・・(´Д` )・・・。


がんになった原因のひとつは”食べ過ぎ”。これは十分自覚しているのに「喉もと過ぎると熱さを」忘れている〜。消化器系はお腹を空にして休養したいと思ってるのに、、「口」や「舌」がどんどん食べたがっている!!


で、食べ過ぎたあとはお腹ががもたれる感じになったりする〜。そこで初めて、「あ〜、やっぱり、食べ過ぎたんだ!」と身にしみてわかる!困ったものです・・。最近は、1週間2回ぐらい”お粥”を食べている^^。仕事で外出の時も昼食に食べることはある^^。


退院時に「食事に関する注意」に”消化に良いものを食べてください”とだけ書かれていたのを思い出す!確かに、お粥は消化器系に優しい〜。しかし、すぐにお腹がすく^^。以前なら、チョコレート、せんべい、クッキー、みたらし団子などを間食でのべつまくなしで食べていた・・。


これは反省してまず、在庫を置かないようにした^^。しかし腹が減る〜(´Д` )。生アーモンドとホット蜂蜜レモンだけじゃ腹がもたない・・・。最近、手間がかからずに空腹をみたせるので、時々焼き芋を食べるようになった^^・・。


お粥も焼き芋も、一昨年買った「石油ストーブ(反射式)」の上に乗せておくだけ〜!お粥は30〜40分ぐらい(玄米お粥だと1時間以上・・)、焼き芋も小1時間あれば美味しく焼けている^^。お一人様用の土鍋にパックの炊飯済みの玄米とお湯を入れて、昨日も食べた^^。


3時のおやつは「焼き芋」・・・(^-^)・・。なかなか食べ過ぎを防ぐのは難しい・・。その分、運動量を増やすことになりそうだ^^。




       ・conv0219.jpg
          玄米のお粥は、やや時間がかかる^^



       ・conv0220.jpg
         さつまいもを洗ってホイルに巻いて、乗せるだけ〜!



       ・conv0221.jpg
         ほっこり焼けて、アツアツで〜す〜(^-^)〜



       ・conv0222.jpg
        スプ〜ンですくって食べます(食べ過ぎに注意です^^)




にほんブログ村 健康ブログ 免疫力・抗酸化力へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代以上の生き方へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村


        
posted by げんき親父 at 07:52| Comment(0) | 食事・食べ物・食事療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月27日

有機栽培ニンジンが届く〜!

先日友人から紹介してもらった”耕す農場”から、有機栽培の人参が届いた〜!ダンボールに入って約10kgぐらいあった^^。驚いたのは、1本1本の大きさだ!! いつもスーパーで買っているものと比べると、1.5倍〜2倍ぐらいある・・。


測ってみたら、1本400g以上ある。すごいです^^。今日の夕飯はシチューらしいのでまず食べてみようと思う^^。これで、延ばし延ばしにしていた「フレッシュ人参ジュース」もスタートできる・・・。何事も継続が大切なので、無理しないで長く続けられるようにしたい・・・。


また、ジュースを飲んだ感想はブログにアップしたいと思います^^・・(^-^)・・。


     ・conv0217.jpg
        形はゴツイが、味はどうかな?!


     ・conv0218.jpg
        1本の大きさにびっくり〜(420g以上あるぞ・・)



にほんブログ村 健康ブログ 免疫力・抗酸化力へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代以上の生き方へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村

posted by げんき親父 at 10:27| Comment(2) | 食事・食べ物・食事療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月26日

”運動”でわかるその日の体調^^

膵臓ガン手術から1年5ヶ月になる・・・。退院してからはいろいろやってきた。その中で”運動”はかなりのウエイトを占めている^^。入院中から看護婦さんに「食後は寝ていてはダメ!!」と何度も厳しく言われたので、苦しくても病院中を歩き回ったりしていた・・(;´д`)・・。


退院後少し運動してみようかと、ラジオ体操から始めたが、その後手軽にできる筋トレをやろうと、腕立て伏せをしてみたら5回もできない・・(>_<)・・。それでも、少しずつ増やしながら腹筋、腕立て、スクワット、ダンベルなど道具があまりなくてもできるもので続けてきた^^。


一時は、それぞれを60回3セットぐらいはできるようになった!!( ̄ー ̄)・・。しかし、回数を増やすことにこだわっていると無理をしやすい。無理してやるのはよくないと気づいて、回数を目標にすることをやめた^^。


今では、ゆっくり時間をかけて体の反応を見ながら、それぞれ40〜50回ぐらいを3セットしている・・。ゆっくりやると回数が少なくてもかなりきつい・・(>_<)・・。最近感じるのは、ゆっくりやることでその日の体調が日ごとに違う・・・・そう気づいた!


きついと感じたらその日は、回数が少なくてもそこでやめている^^。日によっては全然疲れを感じなくて60回でも70回でも出来そうな日がある・・。やはり人間は、日毎に体調が違うものなのだ・・。そこで体調が良い日は、何が原因なのかを考えてみた・・。


すぐには思いつかなかったが、、最近気づいたことは、「睡眠時間」が関係しているということ(私の場合です・・・)。睡眠時間が8時間近く取れて熟睡した日は、スイスイ回数が伸びて全然疲れないのだ〜・・。6時間程度しか眠らなかった日は、やはりすぐバテてしまう・・(´・ω・`)・・。


年齢的なこともあるのだろうが、やはり”睡眠時間”は大切だ・・。入院前はせいぜい5〜6時間しか眠らない習慣だったことを考えると、その点は随分改善されたと思う^^!!身体の声をよく聞く習慣があれば、この辺も敏感に感じることができる・・・。




にほんブログ村 健康ブログ 免疫力・抗酸化力へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代以上の生き方へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村

2013年01月25日

1日1語(1月25日)・・・(14)

気象庁の予想では、今年の春はやや遅くなるという。桜の開花も遅れるようだ・・・。もうかなり前だが、3月末には満開を過ぎ入学式には桜がない・・という年もあった! 季節も、振り子のように寒くなったり暖かくなったりの繰り返し・・・。


      ・8717900.jpg
         この花は”節分草”というそうです・・・


あと10日も経てば”節分”・・・。「こころ歳時記」で節分について書いてあった^^。

雑節のひとつ、立春の前日で、旧暦の年の暮れ、年頭にあたります。節分の風習は、新年の良い気を取り入れるための邪気払い。豆まきは、中国から伝わった「追儺(ついな)」の儀式に由来。旧暦大晦日に宮中で行われる「鬼遣い(おにやらい)」の儀式として始まりました。これが現代の豆まきのもとになった行事です。「まめ」は魔目。鬼の目をめがけて豆を打ちます。「焼い嗅がし(やいかがし)」は柊(ひいらぎ)の小枝に焼いた鰯の頭を刺した魔除け。鰯の悪臭が鬼を寄せ付けないと考えられていました。(以上、引用終わり)



<今日の一言>
    「夢を持つと、変えることが楽しくなる」




人間は何事も”変えること”が嫌いなものだ(自分のことですが・・苦笑)。しかし、変えてしまえばそれがまた習慣となる^^。大きなインパクトがないと変えられない”習慣”も、こまめに変えることが”新しい習慣”になればしめたものです・・(^O^)・・!


にほんブログ村 健康ブログ 免疫力・抗酸化力へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代以上の生き方へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村

posted by げんき親父 at 07:53| Comment(0) | 今日の一言・独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月23日

癌の原因は「低体温」「低酸素」「高血糖」の体質・・・

久しぶりに安保徹教授(新潟大学大学院・免疫学教授)の本を読んだ^^。もう4〜5冊は読んでいるので、だいたい内容は分かっているが、、新しい情報もかなり含まれている。安保教授の本は、ガン患者を励まし勇気づけてくれるものが多い!


ガンは治らないものと決めつけ(実際に治った事例もあるのだが・・・)、患者にストレスを与え続ける医者の話を聞くと、ガンが精神的なストレスの影響を受けることを知らないのかと疑いたくなる?!そう簡単に治るものではない(いや、治ると思っていたほうが良い^^)としても、患者を安心させ勇気づけることぐらい医師の立場でできるはずだ!


        ・conv0214.jpg
        「安保徹の新体温免疫力」安保徹著・ナツメ社
         2012年11月7日初版発行・1500円+税


結論から書くと、安保教授は、「ガンは、低体温、低酸素、高血糖の体内環境(体質)が続くことによって増え続ける」としている!また、この3条件が揃うと、身体の免疫機能が落ちてしまうこともガン発症の原因であると指摘する・・・。


様々な事例を解説しながら、話は展開されるが基本となる理論は、細胞内のエネルギー生成。これには「ミトコンドリア系」と「解糖系」のふたつがありそれぞれ特徴がある。人間は解糖系とミトコンドリア系の両方を使ってエネルギー生成していますが、解糖系は酸素を必要としない。


逆にミトコンドリア系は十分な酸素が必要・・・。人間も細胞分裂が著しい子供の時代(成長期)は解糖系中心になるが、高齢になるに従ってエネルギー効率の良いミトコンドリア系に変わっていく。解糖系のエネルギーは、主に炭水化物(ご飯、パン、麺類など)から分解吸収されたブドウ糖が原材料・・・。


ミトコンドリアを多く持つ細胞は細胞分裂が少ない。卵子は膨大なミトコンドリアを持つ細胞で細胞分裂しない。反対に精子は、あまりミトコンドリアがなく、解糖系エネルギーで常に細胞分裂を繰り返している。受精卵は大変なスピードで細胞分裂をしていき、ある程度(十数年)で成人と同じ能力を得る。脳細胞は、最も早く三歳ぐらいで細胞分裂は終わるという・・。


年をとると、ミトコンドリア系が中心になる。頻繁な分裂は皮膚細胞や腸の上皮細胞などになり、エネルギー効率が良いミトコンドリア系では子供や若い人のようにたくさん食べる必要はなくなる。ガンの進行(細胞分裂)も高齢者はそれほど速くないので、ガンとうまく共生していくことも選択肢になる・・。


で・・・、体内環境が、解糖系が中心になった状態がずっと続くと細胞分裂が促進される。これはガン細胞にとって好ましい環境になることを意味する。解糖系は、酸素がない状態でもブドウ糖があればどんどん細胞分裂を続けられるので、ガン細胞もどんどん増殖していく。


細胞分裂を抑制するミトコンドリア系にシフトするには、ブドウ糖が増えすぎない状況をつくること、酸素を十分に取り込み解糖系が抑制される状況にすること、ミトコンドリア系が活性化するように体温を向上させること・・・などが必要になる。


ブドウ糖過剰を防ぐには食べ過ぎないこと、インシュリンが正常に働くようにする。食べ過ぎの処理は、マクロファージが行うが、その処理が忙しすぎると細菌やウィルス処理に手が回らない・・。酸素を取り込むには、深呼吸や適度な有酸素運動を継続する。体温を上げるには、浴槽にゆっくり入って体を温める、湯たんぽを活用する。運動をしたり、身体を温めることは、血流をよくして酸素を全身に行き渡らせることにもつながる。


解糖系中心で増え続ける「ガン細胞」は、低体温、低酸素、高血糖が大好き・・・。ちなみにガン患者は、体温が35°c代の人が多い。ミトコンドリア系と解糖系は、それぞれの機能を発揮する体内環境が異なるので、解糖系に偏りすぎている体質をミトコンドリア系が活性化できる体内環境に変えることが、ガンを増やさないためには不可欠になる・・・。


要は、低体温、低酸素、高血糖にならない生活習慣にすることががん予防には重要だということになる。ストレス過多で、交感神経が常に緊張状態に置かれると血管が収縮して低体温、低酸素状態が長く続くことになる。現代生活はその方が多いので、副交感神経優位になるようなバランスが必要になる。ゆったりした気持ちで生活する^^のが良い。


また、良いことをしていても必ず「〜しなければならない」「〜すべきだ」というような義務感や強迫観念が強すぎると、そのストレスの方が良くないという・・。これは、あんまり真面目一辺倒に取り組みすぎてはいけないということだ^^。すべて、ゆっくり、ゆったりぐらいでいいみたいだ・・・(*゚▽゚*)・・


放射能について、初めて聞く情報があった。野菜をたくさん食べることがセシウムの害を防ぐということだ・・。野菜や果物にはカリウム40という微量放射性物質が含まれている。このカリウム40は、放射性物質セシウムと同位元素で、お互いに拮抗する関係がある。


で、野菜をたくさん食べることでセシウムを取り除いてくれるそうだ・・・。カリウム入りの肥料をまくと、野菜はセシウムでなくカリウムの方を吸収するので、野菜に含まれるセシウムも低減される。心配せずに野菜をたくさん食べるように・・・と。


もう一つ面白い情報を^^。安保教授が臨床で経過観察したガン患者さんで、悪性だった細胞がだんだん小さくなって最後は良性腫瘍になって消えた例。また、三大療法ではうまくいかずにそのままにしておいたのに、やがて大きかったガンが自然に退縮した例があるという。代替医療に変えた患者さんの話だ。


で・・、そうした人達は、二種類の特徴的な人だと・・。
ひとつは、『まず死を覚悟して、自分の体に良いことをするように身をゆだねるような、独特の心理状態になった人』、、もう一つは、、『周囲は心配しているのに、本人は悟りを開いたかのように、ガンの恐怖にあっけらかんとしている人』(笑)・・・。


つまり、恐怖から自ら脱した人と、最初から恐怖を持っていない人だそうだ(笑)・・。それだけ精神状態がガンに及ぼす影響が大きいということなのだろうと思う^^。侮ってはいけないが、癌=不治の病(死)という考えをどこかで脱しなければいけないと思う^^。




にほんブログ村 健康ブログ 免疫力・抗酸化力へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代以上の生き方へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村

posted by げんき親父 at 10:31| Comment(0) | 癌の原因・自己治療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 http://www.sth3.com/suizougan/ にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。