2013年02月28日

続・癌体質について・・・

癌が一度治まっても、数年後、あるいは10年後になっても再発したり転移したりすることがある・・。近藤誠教授によると、”本物のガン”は発症した時には既に他の場所に転移している、・・まだ小さいために確認できないだけ・・という。


普通、西洋医学では5年間、癌が再発や転移しなかった場合は「治った」と判断するようです・・。じゃ再発や転移はなんで起こるのか?? 特に5年以上、あるいは10年経ってから再発や転移するというのはなぜなのか? 疑問を感じます。


どうも、そのへんが癌になりやすい「体質」と関係しているのではないかと考えざるを得ない。昨年11月初旬に亡くなられた「だいと〜ちゃん・さん」、明るいキャラクターで、同じすい臓がん患者ながら、多くの仲間に明るく生きる勇気を与えてくれました!


その「だいと〜ちゃん・さん」が、昨年9月14日のブログで書かれていることに私も同感なのです・・・。彼は、『「原因」は、「蚊」じゃなくて「ドブ」』と言っています。引用させていただきます。

    
目の前の蚊を殺すのに、
いくらフマキラーやベープや蚊取り線香の研究を
一生懸命してもダメなんですね。
まずは、蚊が湧いている「ドブの掃除」をしないとダメなのだ。



私も、体が何らかの理由で「癌体質」になっているのは、流れが澱んだドブ川のような状態なのではないかと感じます! 蚊をガンに例えれば、流れが澱んだドブ川に蚊は卵を産みつけて、ボウフラが発生する・・・。そしてどんどん増えて、蚊の大量発生になる。・・。


いくら強力な殺虫剤をまいたとしても、しばらくしてその効果が薄れてきた頃には、またボウフラや蚊が大量発生してくる・・・。殺虫剤の研究をするより、まずドブ川をきれいに掃除して、川の流れを元に戻す。それが根本的な発生源を絶つことになる・・。


そう考えるのが妥当だと思うのです! 人体のドブ川状態とは、どのような状態を言うのか!? 免疫学の安保徹教授は、低体温、低酸素、高血糖が癌体質であると言っています。東洋医学では、血の汚れが万病の元であると指摘します・・。


癌の原因は、複合的でひとつに特定できない・・・、また、人間は百人百様でどうすれば、癌体質から脱却できるのか・・解決の方程式はひとつではないと思います。しかし、自分として、なにか「癌体質」になった心当たりはないかを探ることはできると思います。


自分自身のことは、やはり自分が一番よく知っているんだと思うからです!自分の「癌体質」は、どこにあるのか・・・、また何が原因なのか、真剣に考えてみる必要があると思います。再発や転移の恐怖に怯えるよりも、何かを変えていこうという”行動”が大切だと感じます!


ストレスも癌体質になりやすい原因のようなので、神経質にならず、出来ることから続けてみる。自分には合わないと思ったら、また変えてやってみる^^。そうしているうちに元気が出てくれば、癌を忘れて日々を精一杯生きることにつながるのではないか・・・そう考えています^^。




にほんブログ村 健康ブログ 免疫力・抗酸化力へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代以上の生き方へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村


posted by げんき親父 at 07:00| Comment(2) | 癌の原因・自己治療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月27日

目には見えない「気」を感じるか!?

最近「気功」ってどうなのかなぁ?!・・という興味があって3冊ほど本を買ってきて読んでいる^^。「」という言葉(文字)は、「病気」「元気」「気持ち」「気力」「気苦労」「気落ち」などたくさんの単語に含まれている・・。


そもそも「気」ってなんだろう?? という単純な疑問^^。人間は目に見えないものや五感で確認できないものはあまり信じない傾向がある^^。最近、なぜ「気功」に興味を感じたかといえば、ひとつは「おはよう健康体操」(BS-TBS)・・。この体操も気功の一種じゃないか?!・・と思うから。


「”気”を身体に取り入れて1日のパワーをもらう」・・という説明はまさに「気功」と思える〜(^O^)。しかも、去年12月、謝 炳鑑(シエ ビンジェン)先生の個展(銀座)で会ったご婦人は、それまで原因不明の腰痛で起きられなかったが、毎日ベットのなかで、この番組を見ていただけで”身体が動くようになった”と話していた!


もう一つは、20年ぶりの同期会で再会した仲間の1人(10年前大腸がん手術を受けている)が、手当療法士という肩書きを持っていたこと・・。「手当て」というのは、手から出る「気」で悪いところを癒して、治す・・・ということ。


「いのちの田圃」の会でも”手当て療法”の研修会をたくさん開催しているようだ・・・。目に見えない「気」ってあるのか??・・そんなもので、悪いところや病気が果たして治るのか??・・・とても興味があるところです^^。「気」は科学的に完全には解明されていないものなのかとも・?!


科学的といえば・・・、私は、最近、科学的でないことにもかなり興味がある〜(^O^)〜。宇宙や地球や人間のことを理論的に解明したものが「科学」だとすれば、、まだまだ科学で解明されていないことのほうが圧倒的に多い・・・そう思います。そういうものを信じるか??と言われれば〜、


「信じたい^^」というのが私の気持ちです・・。宇宙や地球や人間(主に身体や病気・・)の神秘は、科学で全て解明されるのだろうか? いや、目に見えるものしか信じない・・、まぁ以前ならそう考えるところだが、最近はそうでもないのだ・・(^ ^)・・。


あくまでも科学は、現在までに解明されていることの集大成であって、それが今後変わることや、新しい発見が加わることは間違いがない^^。ということで、「気」に関心がある私は、「気功」についてもっと知りたいという探究心が芽生えているところなのです、はぃ・・^^。


まだ、本を読み始めたばかりなのでよくわかってはいませんが・・・、
  ●誰でも「気」は感じることができる(確かに手のひらで感じます)
  ●「気功」を見たり聴いたりするだけで、リラックス状態になれる(そう感じます)
といったことはわかってきました^^。


まず自分の「内」にある「気」を感じる・・という習慣を身につけてみたいと思っています!また、新たな発見があれば、ブログで紹介していきたいと思います・・(´∀`)・・。



にほんブログ村 健康ブログ 免疫力・抗酸化力へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代以上の生き方へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村

posted by げんき親父 at 08:10| Comment(2) | リラックス・思い出・旧友・仕事仲間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月26日

手術から1年半・・・

2011年8月30日に、膵頭十二指腸切除の手術を受けてから2月末で約1年半(547日)経過する^^。手術後、寝込んだり再入院することもなくこれまで来ている・・。


手術の時期が良かったのか、手術をしてくれた医師たちの技術が良かったのか、その後の生活習慣の改善が功を奏したのか、、、多分、全ての要素が今の自分の体調を支えているのだと思う。


去年の夏からは、腫瘍マーカーがかなり上昇した・・。その後の結果も上昇中〜。ここでの判断も自分としては、再度の”覚悟”を決めたことで、その後は迷いはなくなった^^。どんな結果が出ても後悔しない・・そう決めている!!


いろいろ情報を集めたり、本を読んだり、他の方のブログを拝見したりで・・、今の心境は、「今日1日、そして今を大切に生きる!」・・・これに尽きる^^。これしかない〜(^-^)〜と思う。先のことを心配してもどうにもならない。


今日を精一杯生きることが、明日につながり、その連続が先(将来)につながる・・・、そう考えられるようになった。生活習慣は、まだまだ改善の余地があると思う。それを考え、実行しながら行きたいと思う^^。



      最近、手術の傷跡はどうなったか? 手術後のものと比べてみた・・・
      conv0232.jpg
         1年半経過して、傷跡は目立たなくなった・・



      conv0020.jpg
        手術後すぐ・・、縫合の傷跡が痛々しい・・・・




にほんブログ村 健康ブログ 免疫力・抗酸化力へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代以上の生き方へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村





    
posted by げんき親父 at 07:34| Comment(2) | 退院後2年未満 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月25日

癌家系と癌体質・・・

ガンの宣告を受けた時・「えっ、癌? なんで私が??」と思った方も多いのではないでしょうか?!別に根拠はないのですが、実は私は「自分はガンにはならないだろう!」という確信があった(^-^)! それは、父母、祖父母など直系家族に癌で亡くなった者はいない・・・


ただそれだけの理由ですが・・はい・・(´Д` )・・。それと食生活を中心とする生活習慣も良いとは言えないが、もっと乱れている友人、知人はたくさんいる・・・。だが、1年半前、正真正銘の「膵臓ガン」の宣告を受けてしまった・(>_<)・・。当初はとても理不尽に思って、納得ができなかった・(ーー;)・。


そもそも、”癌家系”ってあるのだろうか?? ガンになりやすい遺伝子を受け継いで来ることですね・・。自分の遺伝子は直接は父母から受け継いでいる・・。が、その父母も同じように祖父母から受け継いできた・・。2親等さかのぼっただけで、現在の私は、8人からの遺伝子を受け継いできていることになる・・。


4親等(高祖父母)までさかのぼるとどうなるんだ??・・(´Д` )・。10代〜20代も遡ったら天文学的数字に近づいてしまいそう〜。人間みな兄弟〜、先祖はどこかでつながっている〜、/(^o^)\なんて。じゃ、どこから癌家系になったの?? どうもわからん?!


しかも、最近では日本人3人に1人がガンになると言われている・・・、じゃ日本人ほとんどが癌家系なの?? なんか、癌家系説はあまり説得力がないような気がするなぁ〜^^。じゃ、「癌体質」ってあるのか?? う〜ん、これも何とも言えないような〜?!


私は医者じゃないので、専門的なことはわかりませんが、ガンが細胞の病気だと考えると、細胞の原材料となる「飲食物」は関係あるような気がしています^^。”ガン家系=食生活が同じ家族”・・という仮説もできる^^。日本人にガン患者が増えてきたのも「食生活」が原因ではないかというのは・・・・素人の私にも容易に想像が付きます^^。


「食生活」のどこが悪いから??と考えると、、いろいろな説があるのでこれまた判断に迷います〜。ただ言えるのは、”食べ過ぎ=飽食”は、ここ40〜50年前ぐらいからの経済成長とともに実現した。食べたいものを食べたいだけ食べられるという・・・過去にはあまりなかった良い(?)時代になっていたことは事実です。


あと、50年前ぐらいは加工食品、冷凍食品、化学調味料というのはあまりなかった。今の日本人の食事全体(外食を含めて)にはこういった食材が70%以上を占めるようになっていると言います・・。昔は多分、肉、魚、野菜などの生鮮品が食事の70%以上を占めていたのではないでしょうか?!


加工食品、冷凍食品、化学調味料などは、合成保存料など添加物(化学的に作られたもの)が含まれています。1日の摂取量が20gとしても、365日(1年)で7kg〜8kgの化学物質を身体の中に摂取していることになります・・。


あまり神経質に考えると、食べるものがなくなりますが・・、通常こういった化学合成物は肝臓、腎臓、その他の臓器で解毒して排出されるそうです。しかし、その量が多くなりすぎたり、加齢によって解毒能力が落ちてきた時に、処理しきれない・・そういう状況になる!


これも、癌と何かの因果関係があるのではないかと感じます・・・。まぁ食べ物だけでなく、長くストレスにさらされる状況が続いたりすることも、当然がん発症の原因になるのだと思います。日本人は、かなり我慢強いところがあるので、ストレスをあまりに背負いすぎる・・ということもある。


今後、日本の先行きは、経済(デフレ脱却、消費税、為替)、外交(中韓領土問題、北朝鮮の核)、政治(安定政権?)、原発&放射能問題(長期間の不安)、自然災害(地震、噴火、津波)など全てに不安な問題を抱えて、不透明な状況が続くので国民全体がストレスを感じる環境下にある・・と言えると思います。


ガン患者の私としては、あまり先のことや難しい問題を考えすぎずに、今日1日なにか小さなことで、楽しく満足できることに目を向けていこうと考えています^^・・(^-^)・。


にほんブログ村 健康ブログ 免疫力・抗酸化力へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代以上の生き方へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村


posted by げんき親父 at 09:14| Comment(4) | 癌の原因・自己治療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月24日

「医者に殺されない47の心得」近藤誠・著

まぁ、なんとも過激な”タイトル”だ・・( ̄▽ ̄;)・。「ガン放置療法のすすめ」「患者よ、がんと闘うな」「抗がん剤は効かない」などの著書で著名な近藤誠氏の著作・・。




     ・conv0250.jpg
   「医者に殺されない47の心得」近藤誠・著・アスコム発行
       1100円+税 2012年12月19日第1刷



この本は、第60回菊池寛賞を受賞している・・。
第1章   どんな時に病院に行くべきか
第2章   患者よ、病気と闘うな
第3章   検診、治療の真っ赤なウソ
第4章   100歳まで元気に生きる「食」の心得
第5章   100歳まで元気に生きる「暮らし」の心得
第6章   死が恐くなくなる老い方
となっている・・。近藤誠氏は、慶應義塾大学医学部卒業後、同大学学部の放射線科に入局して、乳がんの「乳房温存療法」を推進した。抗がん剤の毒性、拡大手術の危険性などを指摘してきた。



やはり、内容は「ガン」に関する情報や指摘が多くの部分を占める・・。放射線の専門医師でありながら、CT検査、PET検査に関してもその被爆の危険性を警告している・・。



で・・、癌は放置する、あるいは共存して寿命まで行く・・・ことが良いと説いているのだが・・。その前提は、「本物の癌は決して治らない」と指摘している・・。これは闘病している患者には、かなりのショックである(>_<)・・。治らないから放置〜する、ええっ、少し短絡的かとも?!



民間療法の、食事療法、免疫療法なども全く無駄だという・・。免疫療法については、もともとガンは自己の細胞が変化したもので、免疫は外部からの侵入者に対しては攻撃するが、自己細胞には反応しない。その結果がガンの増殖なのだという。



食事に関しては、何歳になっても卵、牛乳、肉などのタンパク質を摂ることが大切・・・(´Д` )??・・・。ほんとうかなぁ?? 放射線専門の医師から、免疫分野や食事(栄養)分野の指摘を受けても、やや説得力に欠けるような気もしないでもない( ̄▽ ̄;)。



海外の文献をたくさん読まれているようで、随所に事例が取り上げられている・・。参考になった点も2つほどあった^^。そのひとつは、、「医者はこうして選びなさい」という心得(下記・・)、

●巨大図書館やインターネットで自分なりに幅広く情報をあつめる
●患者としての直感を大切にする
●挨拶しない医者、患者の顔を見ない医者、患者を見下す医者はやめる
●説明を鵜呑みにしない
●医者の誘導に気をつける
●薬の副作用、手術の後遺症、生存率をしっかり聞く
●質問をうるさがる医者は見限る
●いきなり5種類以上の薬を出す医者は要注意
●セカンドオピニオン、場合によりサードオピニオンを求める
●検査データは患者のものだから、臆することなく借り出す
なるほど、なるほど^^・・



もう一つは、今のうちに「リビングウィル」を書いておくのが良い・・ということ。リビングウィルとは、終末期の医療・ケアについての意思表明書・・・、延命治療などをして欲しいか否かなどをあらかじめ書いておくということだ・・。


近藤医師の「リビングウィル」が、事例として載っている・・。やはり延命治療は望まない内容だった!!この本は、タイトルがかなり過激だったので目にとまってすぐ買ってしまったが・・、「ガン放置療法のすすめ」とほぼ同じ内容だった・・。



このような本が話題を呼ぶようになると、少しは「がん治療の選択肢」も広がり、患者としてもよく考えて自分の治療方法を吟味するようになるのだろうと思う・・。




にほんブログ村 健康ブログ 免疫力・抗酸化力へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代以上の生き方へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村

posted by げんき親父 at 09:30| Comment(2) | 「本」の紹介・読後感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月23日

1日1語(2月23日)・・・(16)

は〜るよ来い、は〜やく来い・・と歌いたくなる。今年は寒い期間が長いですね!!3月になれば、すぐに春が来るのでしょうか?!今の時期は、植物は春の芽吹きや開花に向けてエネルギーを蓄えているようです^^。



    ・8886065.jpg
       梅の満開はまだでしょうか?(新潟白山神社の梅)




<今日の一言>  
  『自分のためより、誰かのための方が 
         力を発揮できる』





私たちの「命」をコントロールしているのはなんなのか?? そんなことを考えることがあります。どちらにしても、人間は1人で生きているわけではない・・そう感じます! 色々な人に支えられ今の自分がある・・。だから、自分も何か人の役に立つことができればいい^^。『してやったことは忘れる、してもらったことは忘れない(城たいが)』、、この気持ち(心)を持ち続けられればいいなぁ〜と思います。 




にほんブログ村 健康ブログ 免疫力・抗酸化力へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代以上の生き方へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村


posted by げんき親父 at 06:00| Comment(0) | 今日の一言・独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月22日

最近の体調^^(2月中旬・・)

2月は名古屋出張があったが、、特に体調に変化はない!10日ほど前にテニスで、少し肘を痛めて、筋トレを一部の種目はやっていない・・。今年は、外出時にもあまりマスクをつけていないが、喉を痛めたりすることはない。花粉症があるので油断はできないが今の所は、身体の不調は感じていない^^。


<体調の記録>  
           就寝時間     睡眠時間     体温    体重
2月10日     23:40    5時間50分    36.5   59.3
   11日     21:20    8時間15分    36.6   58.9
   12日     22:05    7時間35分    36.7   58.4
   13日     22:00    7時間25分    36.5   58.4
   14日     21:40    8時間55分    36.5   58.5
   15日     22:25    6時間15分    36.5   59.0
   16日     22:40    7時間35分    36.8   58.7
   17日     22:05    7時間10分    36.6   58.9
   18日     21:45    8時間35分    36.8   58.8
   19日     22:10    7時間       36.5   59.2
   20日     22:00    7時間5分     36.8   59.0
   21日     22:40    7時間10分    36.7   59.1


(就寝時間・睡眠時間)
睡眠時間は7時間半ぐらいないと体にキレがなくなる感覚がある・・。何となくシャキッとしない・(ノД`)・。起床時間は毎日、朝5時〜5時半なので、やはり午後10時ぐらいに就寝するのがいいと感じている^^。仕事や会合で、帰宅が遅くなった日以外は、午後10時前後に寝るようにしている・・。
                  ※
風呂上りでTVを見ていても、眠気があったらすぐベットに入れば、スムーズに入眠できる。最近はあまりしていないが、眠れないときはベットの中で、”深呼吸や爪もみ”すると眠くなる^^。


(体重・体脂肪率)
体重は、58kg台で安定している・・。食べ過ぎたなと思うときは59kgを超えている^^。あまり食べなくても57kg台になることはない。筋トレを継続しているので57kg台でも支障はないと思う・・。体脂肪率は体重計では22.0〜23.4ぐらいだが、手で握るタイプで測ると18.5〜20.0ぐらいになる(どちらが正しいのかな??)。骨格筋率は、32.0〜33.5の範囲。まぁ、このへんの数値が大きく変わることはない^^。


(体温)
36度台で安定している^^。寒い日が続くと、やはり手足の末端が冷たくなっている・・。ドライヤーお灸で温めるのが良いと思う〜。筋トレは、あまり無理に回数を増やさずに継続することを目的にして、毎日している^^。外出時の駅での「階段2段上がり」はトレーニングだと思って必ずしている・・(^O^)・・。


(食事)
仕事で外出する時と、家で仕事をする時では、「食べる量」が違う^^。家にいるとどうしても、こまめに食べるので食べ過ぎる傾向がある(汗)・・。

(20日の食事)
●6:57   生姜紅茶、ヨーグルト(万田酵素)、バナナ
●7:30   キャベツ千切り(シソ油)、レモンティ、小松菜豚肉炒め、
        ヨーグルト(りんご)
●9:38   ホット蜂蜜レモン、生アーモンド、抹茶羊羹(2切れ)
●12:00  鶏・山かけ蕎麦、ヨーグルト、みかん(2個)
●15:50  ホッと蜂蜜レモン、生アーモンド、抹茶羊羹(2切れ)
●16:30  ヤクルト、焼いた発芽玄米餅(2個)
●18:50  黒コメ&玄米のお粥(ホタテ入り)、キャベツ千切り(シソ油)、
        梅干(2個)
●19:15  ヨーグルト
●20:15  生姜紅茶、ヤクルト
    ※ヨーグルトにはドライフルーツ(グランべりーミックスなどを入れている)


やはり、家にいると食べる回数が多いです〜(ノД`)〜。普通だと、みかんは1日4〜5個は食べています。外で仕事の時は、間食はしません!!退院後は寝る2時間〜3時間前には、なるべく固形物は食べないようにしております・・。以前は「腹が減ると眠れない〜」なんて言って、寝る間際まで何かを食べていました・・(>_<)・・。胃腸などが休まる時間がなかった。深く反省して改めました^^。



にほんブログ村 健康ブログ 免疫力・抗酸化力へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代以上の生き方へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村



posted by げんき親父 at 06:00| Comment(4) | 体調・睡眠時間・体温・体重 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月21日

ホッとさせてくれる1冊^^〜!

先日、本を探しに行った時、探している本はなかったが、偶然に目が止まった本があった^^。パラパラめくってみてすぐ買うことにした〜。読み物というより、疲れた時に開いていると癒される本です・・(^O^)・・。



     ・conv0248.jpg
     『こころがつかれたら開いてください』武田仁著
     セルバ出版・1200円+税 2010.5.11第3刷 



ページ数は100ページ程度、文字は大きく、見開きの半分(1ページ)に「タイトルの言葉」とその言葉についての記述、もう半分に仏様の線画が描かれている^^。おもて表紙のしたに小さく「どの頁を開いても、きっとあなたの心をいやしてくれるでしょう」と書いてある・・・。


目次の抜粋・・・・
「あせらない」
●運命は変えられる
●挨拶をする
●目を見よう
●ジッと待つ
●りくつではない
●受け取らない
    ・
    ・
   (略)
「こだわりを捨てる」
●聞いてください
●すなおになろう
●本当の親友とは
●つまずいてもいい
●感謝しよう
●おのれを愛せ
   ・
   ・
  (略)
「迷わず生きる」
●生きていてこそすばらしい
●みんなちがってみんないい
●自分の中に2人いる
●よいことは拡げよう
●なりきる
●目先のことばかり考えない
   ・
   ・
  (略)



30分もあれば読めてしまう^^。だが、この本の本当の使い方は、表紙にあるように今日1日頑張ったが、うまくいかなかった時、迷いや悩みで滅入っている時、自分に自信がなくなった時、そんな時、どのページを開いても、勇気をもらえることが書いてある^^。



人間全て順調な時は、何も不安などない・。しかし、そういう時ばかりではない・・。うまくいかない時にそばに置いて、そっと開いて見る^^・・・そんな本である!!




<追記・私の本の読み方>
退院してから本を買い続けて、小さな書棚がいっぱいになった・・。退院してすぐに身辺整理をして、それまでの書棚も本もほとんど廃棄してしまった^^(笑)。そのご、なんでこんなに本を買うのかというと、、私は本にいろいろ書き込む癖がある〜(汗)。図書館で借りた本にボールペンで線を引いたり、書き込んだら大変なことになる^^。だから、どうしても買ってしまうのだ。


私の読んだ本は、古本屋に持参しても売れないだろう!3色ボールペンで、傍線や書き込みがすごいから、売れるようなものではない^^。もったいないが、いつもそういう読み方なのだ・・。知らないうちに同じ本が2冊あったりすることも・(>_<)・。立ち読みして気に入って買ったら家に同じものがあった^^(爆)。記憶力が弱い・(´Д` )・。


ま、本は大切なものですが、丹念に読むというより気になるところをよく読んで、あとは忘れる・・。でも、1度読んだ本は付箋やボールペンの書き込みがあるので、再読したときはどこが良かったのかはすぐに思い出します^^。1冊読んで少しでも、自分にとって役に立つ部分があればそれで良いと思っています^^。 



にほんブログ村 健康ブログ 免疫力・抗酸化力へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代以上の生き方へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村

ラベル:癒しの本
posted by げんき親父 at 06:00| Comment(2) | 「本」の紹介・読後感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 http://www.sth3.com/suizougan/ にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。