2013年08月31日

久しぶりの外出〜〜^^!

昨日は、久しぶりで外出した^^・・。仕事、テニスをお休みしていると家にいることが多い〜。コンサルタント時代の上司(といっても私より7歳ぐらい年下だが・・)が、久しぶりに東京に出てくるというのでお会いした^^。


彼は、神戸の東灘区に住んで、家業の貿易会社をついで国内・海外を奔走している・・。幕張メッセで展示会があり上京した。そういえば、ちょうど1年ぐらい前にも上京してお会いした・・。昨年の今頃は、腫瘍マーカーが上がってPET検査をしたが、体調はかなり良かった^^。



今回は腹痛で、体重が8kgぐらい減っているので「激痩せしてますが、驚かなでください〜」と事前にメールしておいた〜( ̄▽ ̄;)〜。東京駅八重洲口で待ち合わせして、大丸の中にあるティールームで1時間半ぐらい懐かしい話もできた^^。



彼の友人にも”癌患者”が何人かいるようで、会うとすぐに「痩せたなぁ〜、でも顔つきや表情はしっかりしているから、あまり気にしないでいいんじゃない^^」と言ってくれた・・。「本当に衰弱すると、唇の色や顔全体の表情、シミや斑点などがひどくなる」・・「唇や手の色も普通だし、腹さえ落ち着けば大丈夫だよ^^」と・・。


彼も、昔から胃腸が弱く少し食べ過ぎたり、冷たいものを飲むと腹痛や下痢はよく起こすらしい。特に、季節の変わり目は必ずかかりつけの医師にお世話になるという^^。最近は西洋医学の薬(化学合成物質)をやめて漢方にしているとのこと・・。身長は私と同じぐらいだが、、「そのおかげかで体重が55kgぐらいで安定しているよ^^」という。


昨日東京は、18日ぶりの猛暑日(36.8度)で展示会訪問はきつかったようだ・・・。話題は、やはり政治、経済、健康など日本や自分が抱えている問題になる〜。最近おとなしい北朝鮮は、どうなっているの??と聞いたら、中国からの援助がこれまでのように期待できなくなりつつあるので、日本に接近する可能性もあるかも!?という。


小泉政権時代に訪朝している安倍総理は、飯島参与などをフル活用して「拉致問題解決についての密約」を進めようとしている可能性もあるらしい〜〜。世界の外交は面白もので、時々刻々と各国の状況・立場が変化する。「敵の敵は、味方」のような構図が生まれる。中国、韓国との関係が改善されそうもない中で、日本〜ロシア〜北朝鮮の関係も今後注目されそうだ・・・。


あっという間の1時間半が過ぎて、懐かしい再会も終了!!またの再会を約束して別れた^^・・。やはり家にばかり閉じこもっているより、外に出て友人に会う、そして話をしたり聞いてもらう、、、そのことが大切だと実感したなぁ〜^^。


いつも家に閉じこもっていると、やはり考えることはマイナスなことが多い^^。仕事が休みでも友人には進んで会うべきだと思う・・。久しぶりによく歩き、気分もスッキリ、嫌なことは忘れた^^。


昨日(8月30日)は、手術からちょうど満2年経過した日だった^^。2年前を思い出すと、”まな板の鯉”・・、”あとは運任せ”のような感じで手術を受けた・・・。手術後、まだ生きているのが不思議な日が続いた^^。


あれから2年・・・、早かったのか?!遅かったのか!?自分でもよくわからない・・。その時どきで感じ方も違っていたようだ・・。1年半ぐらいはかなり体調が良く、このまま良くなるのではと期待したが・・、ここ2ヶ月でそれは無理だとわかった^^。


しかし、手術後、無治療(抗がん剤、放射線治療なし)で、ここまで来ているのは、奇跡に近いのでは??と思う・・。どんどん、腫瘍マーカーは上昇しているが、先月の造影剤CT検査では、肺以外の臓器への転移やすい臓への再発は認められなかった^^。


最近、腹痛は、食べなければひどくなることがなくなってきた^^。体重は気にしないで、胃腸を休ませるようにしようと思う^^。痛みや下痢が続くと、いろいろ考えることが多くなるが・・・、一番いいのは、”忘れて暮らす”ということだと思う・・。


意識が、そこにばかり行っていると”ろくなことがない”^^。仕事がなくても友人と会うスケジュールなどをたくさん入れて、、”忘れて暮らす”ことに努力しようと思う〜(^O^)〜!


にほんブログ村 健康ブログ 自己流健康法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村





posted by げんき親父 at 10:21| Comment(4) | リラックス・思い出・旧友・仕事仲間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月29日

ビワの葉こんにゃく療法・・・

体力低下は否めない。食べられないのも原因だが・・・、”痛み”自体が体力の消耗を促進している。2ヶ月も”みずおち”付近の痛みが続くと、常に神経が緊張して、上腹部も痛みで休まる暇がない〜。かなり痛くなると、姿勢が丸く前かがみになってしまう!鉄アレイをみずおちに、いつも置かれている感じだ。


全く食べられない状態ではないが・・、食べても消耗は激しいようで体重は50kg切る日がある・・・。ややフラフラする・・・。風呂から出るときは、目の前が真っ暗になる時も・・・。病院で点滴をした方が良いと、仕事仲間がメールしてくれたが、、点滴は水分が全く取れない状態の時に受けた方が良いみたいだ・・・。


昨日から、、「ビワの葉自然療法」(東城百合子監修)に出ていた、”ビワの葉こんにゃく療法”を始めた^^。温めたこんにゃくとビワの葉で患部を温めるのだが、、ある程度”痛み”を抑える効果があったようだ・・・。こんにゃくは10分ぐらい火にかけて温めると30〜40分ぐらいは、ずっともつ・・。


この温灸方法は、なかなか気持ちがいい^^〜!”こんにゃく”も”びわの葉”も直接肌から患部に浸透して痛みを柔わらげる効能があるという・・・。鎮痛剤は服用していないので、しばらくこちらを続けてみようと思う〜^^。


腹痛は続いて、下痢は時々・・・(下痢止めは飲んでいない・・)。便通は、下痢でない時もあり、1日1回はある。腸閉塞では、便秘になるのかな??あまり痛いと、腸閉塞なのかと思うときもある・・・。現在飲んでいるのは、病院で処方された漢方薬(2種類)、エビオス、たんこさんから紹介していただいた「トランスファーファクタープラストライファクター」(成分は冬虫夏草、アガリスク、舞茸・椎茸抽出物など・・・)のみ・・。


ビオトーワ、ビタミン剤サプリ、その他は、一時的に飲むのをやめた^^。あまり何種類も飲んでいると、何が良いのか、自分に合っているのか??さっぱりわからなくなる〜( ̄▽ ̄;)〜。期待しないで気軽に続けて、様子を見ようと思う^^。


ここ2〜3日、朝晩はかなり過ごしやすくなった^^。湿度も低めで心地よい^^。しかし、急に季節が変わると、身体に変調をきたしやすい・・。のんびりマイペースでもう少し辛抱してみよう〜〜(^-^)〜〜!




    ビワの葉とこんにゃくの療法、、なかなか気持ち良い〜〜!!
        conv0198.jpg



にほんブログ村 健康ブログ 自己流健康法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村



posted by げんき親父 at 09:22| Comment(2) | 退院後2年未満 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月26日

期待せずに何かをする(最近の心境・・)

何をやっても辛い症状が収まらないと、やっていることに疑問を持つ〜(>_<)〜。今していることは本当に役に立っているんだろうか??と・・・。たぶん、こういうことは病気になった患者さんなら、誰しも経験があるだろうと思う・。


ここ2ヶ月ぐらいの状態だと、さすがにこう言う気持ちになることがある〜。どろっぷさんが、プログでこうコメントしていたが・・、

最近、悟りました。
「治るガンは治る」(何もしなくても、何を食べても)
「治らないガンは治らない」(何をしても、食事に気をつけても)
何かをして治った人は、「それをしたから治った」と思っているだけ。
( ̄− ̄)なのでは・・・?


そう、私もそういう心境になりつつある・・・・。


ガンの原因は、生活習慣だと思うが、それもひとつやふたつの原因ではない。たくさんの原因が相互に影響して、ガンが発症している。また、人によって発症する臓器や場所も様々で、原因自体を特定するのは無理だ・・・。


年齢、家族構成、仕事、生活環境、性格、その他全く違った状況の中でそれぞれが発症しているので、ひとくくりに”これをすれば大丈夫”と言えるのかどうか?? 良いと言われることをすべて徹底して継続しても、その効果がなく亡くなる方もいれば・・・、何もしなくても悪くならない・・・そんな事例はたくさんあると思う。


あまり、「これは良い、これは悪い」という呪縛にとらわれすぎても、どうなのかなぁ〜と思ってしまう。やっていることにあまりにも”過大な期待”を持ちすぎると・・、そういう心境になるのではないかと思う^^。そういう意味では、、「常に、なるようにしかならない」という覚悟も必要だ・・・


先日紹介した、五木寛之の「無力(むりき)」に、”期待せずに何かをする”ということが書かれていた。なるほどと思ったので、少し引用してみる。

先日、テレビを見ていたら、医師が風呂の温度は41度が絶対に正しい、という話をしていました。けれども、41度というのはいったい何歳の人にとっての適温なのか。30歳ぐらいならもっと低くてもいいかもしれないが、年とともに体が冷えますから、42、43度ないと温まった気がしないものでしょう。

さらに大学の先生が出てきて、風呂は肩までたっぷり浸かって15分で上がるのがいい、という。ちょっと前には、半身浴がいいとか、ぬるめの湯に長く入るのがいいといっていたのに、たちまち変わってしまう。

これは効く、あれは効かない、長寿と健康の秘訣は肉か野菜か、玄米か納豆か・・・氾濫する情報にある種の無力感を覚えつつも、みな何かをしようとする。

そこで出来るのは、期待しないで物事をやる、ということでしょう。
たとえば、サプリメントなどは、目に見える効果などを期待しないで飲む。私自身、昔から売られている薬用酒などを飲むこともありますが、最初からたいして期待していないのです。

これを飲んでいれば健康が保てる、とも考えないが、飲んでいれば効くかもしれない。役に立つかもしれないが、期待もしない。それぐらいでいいのだと思います。

(引用終わり)


なんとも自然体で、なるほどと言わざるを得ない。80歳まで、なんの検査もしないで元気で、病院や医者の世話になっていない筆者・・・これも生き方の一つのヒントだと思います^^。


ま、良いと言われることは進んでやってみる・・、悪いと言われることはなるべくやらない・・。あとは、自分に合っているかどうかは、「身体の声」に真剣に耳を傾けて、自分自身で決めれば良い・・・そういうことだと理解しました^^。


ここ2ヶ月・・・、以前からしていたことで、やめたこともあるし、新しく始めたこともあります!今は、体の声を聞きながら、、続けるかどうかを慎重に見極めているところです^^。腹痛を収めるには、食べないことが一番だというのはわかってきました^^。


しかし、体重減、体力減をどうするかが悩みですが・・・・・


にほんブログ村 健康ブログ 自己流健康法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村

posted by げんき親父 at 11:17| Comment(4) | 退院後2年未満 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月24日

仕事はしばらく休養に〜!

その後の体調は、、下痢が収まり(下痢止め薬はあまり飲まないようにしている)、寝込むほどではない^^。しかし、みぞおちの痛みは食前も食後も続いている・・。原因についていろいろ調べたがわからない。ピロリ菌はいないので、胃腸の炎症がなんの原因なのか不明??


体重は、かろうじて50kgを維持している状態〜( ̄▽ ̄;)〜。やはり体重減は、パワーが出ない、昨日は久しぶりに外出、歯医者に行ったが体力が落ちているのを感じた!今の胃腸の状態では、栄養のあるものを食べても消化吸収できないのだと思う・・。


あまり神経質にならずに、食べられるもの、食べたいものを食べるしかない!しかし、下痢が少しよくなったからといって、油断して食べ過ぎると腹痛は相変わらずだ・・。仕事先のNPO法人は、毎年9月・10月はかなり忙しい〜。


2年前に急に入院した時は、随分迷惑をかけてしまった!今回は、まだこのまま行けるか、途中でダウンしてしまうか予想できないが、、ぎりぎり頑張ってダウンしてはそれこそ大変迷惑をかけることになる〜。9月〜10月に予定されていた福岡、名古屋、横浜などのセミナーを休ませていただくことにした^^。


仕事先では、無理せずゆっくり休んで良いと言っていたただいたので、精神的にも肉体的にもかなり楽になった^^。どうも性格的にきっちりしないと気がすまない方(これが癌体質??)で、頑張りすぎる傾向があるので、仕事から完全解放していただいたことで、少しは良くなるような気がする^^。


まず、腹痛を直して食べたものが、普通に消化吸収されるような状態にしたいものだ・・。ここ2ヶ月ぐらいで8kgぐらい体重減があったので、普通に考えれば順調に回復しても2〜3ヶ月はかかるのではないか??・・・そう考えるべきかなと思う〜( ´ ▽ ` )〜


しかし自分では、体重は元に戻らないような気がしている・・。体重を気にするより、身体全体の体調をよく見極めていこうと思う^^。ここまで体重減があると、体質が変わって”別人”になった感がある^^。例えると、今まで2000ccの排気量だった車が、軽自動車になった感じ^^。


だから、今後は”軽自動車”にふさわしい生活スタイルがどのようなものなのか??・・・この辺をよく考えて生活習慣を変えていくべきかなと思っている・・。しかし、なかなかそのへんが難しくて、すぐ忘れて以前と同じ食生活(食べ過ぎ、早食い、)に戻ってしまう〜( ̄▽ ̄;)〜。


好きでずっと続けてきたテニスも少しの間休もうと思う^^・・。90分のレッスンは、かなり今の体力ではきつい・・、無理してダウンするよりしばらく自重しようと思う^^。しかし、このままどんどん体力が落ち込んでしまわないように出来る範囲で身体は動かしていこうと思う^^・・。


半年前は、こんな状態になるとは、夢にも思わなかった!!退院後2年を目前にして、情けないが、「すい臓癌」は、手術後しばらく体調が良くてもいつ変調が来るか、予断を許さないということを今回身にしみて感じている・・・。



にほんブログ村 健康ブログ 自己流健康法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村








ラベル:休養
posted by げんき親父 at 09:26| Comment(2) | 退院後2年未満 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月21日

「無力(MURIKI)」・五木寛之著

2ヶ月ぐらい前に買ったが、、読まずに置いてあった^^。久しぶりに手にとって読んだ・・・。なかなか生き方の参考になる〜!


      ・conv0197.jpg
       「無力(MURIKI)」・五木寛之著・新潮新書
        2013.4.20発行・680円+税



最近の腹痛と下痢で、無力感を味わっている私だが、、この本のタイトルは”むりょく”ではなく”むりき”と読む^^。初めて聞く言葉だ・・。”はじめに”で「力」について書かれていて、日本国も日本人も「力」を目指してこれまで、頑張ってきたがこれからの時代は、もう「力」ばかりを追い求める時代ではない・・・そう指摘している。


現代の不安と喪失の感覚は、個人ではどうにもならない異常な自然の力に翻弄され、、、超少子高齢化と人口減少、経済の低迷など、あらゆることが「下山していく時代」を生きている・・。そろそろ、「力」と決別する時ではないか・・・そう問いかけている。


「力」の束縛を離れ自分を自在に出来る時、力ではない何かが本当の意味で人間を自由にしてくれるという・・。「自力」でもなく「他力」でもない「無力」・・、それは人間が、何かを選択しブレない生き方をするのではなく、常に選択肢のあいだで揺れ動く状態を否定しないで、もともと自分の動的な心理や行動を肩の力を抜いて肯定する・・、そういう状態を「無力(むりき)」というらしい〜^^。


それは例えば・・・こういうことである。人は年齢や時代によって感じ方も考え方も違ってくる・・。黒か白か、善か悪か、きっぱり分けることが正しいと言えるのか?!白か黒かいずれでもない、中間のグレイゾーンで生きることが、時代の転換期の生き方にふさわしい^^。



ブレるというのは人間のあり方として自然なこと。物事を固定的に捉えず、時代とともにブレながら生きる、、それが人間のあるべき姿ではないのか?!仏教の考え方の中で最も大事な「無常」・・、この世では変わらないものなど何ひとつない・・・ある意味でこの無常観という情緒的な感覚を論理的い言うと、それが「無力(むりき)」ということになる。


実際わからない自分の未来を無理に分かるというよりどうなるかわからないと曖昧に考えている方が正しいのでは?!明日の事さえ誰にもわからない、その覚悟を持つことが大事である・・。わからないと覚悟しながら精一杯生きていく。


そして、その時その時の判断で、黒白を簡単に決めてしまわない、、優柔不断の生き方のすすめ、あるいはそうやってブレながら動いていく「動的人生」のすすめが必要である・・。


「癌」に関しても、次のように書いている。
癌に対する対応ひとつとっても考え方は様々です。手術して病巣をやっつけて克服するのか、自然に任せてほうっておくのか。「無力(むりき)」というのは、ガンと対立するのでもなく、調和するのでもなく、それと共存する・・考え方だろうと思います。


最終章で、無力(むりき)の思想について・・・
無力(むりき)というのは、無力(むりょく)の状態を認識して、揺れ続ける動的な生き方を肯定し、その中で何かを目指そうとする・・前向きで、自在な姿勢である。無力(むりき)の世界というのは、楕円の二つの中心を、楕円のどちらかに偏らずにその間を浮遊しながら往還していく感覚・・だという。


概念的には、わかったような、わからんような微妙な感じだが・・・、人間だから、ときに応じてブレながら、堅苦しくなく、揺れ動いて生きていく・・・それでいいのだ!!・・ということなんだと思う。癌治療に関しても、あまり専門家や権威の先生の情報の是非を判断するより、期待せずやってみて、自分に合えば続ける、合わなければやめる・・・そんなことでいいのだと思う^^。




にほんブログ村 健康ブログ 自己流健康法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村

posted by げんき親父 at 17:21| Comment(2) | 「本」の紹介・読後感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月20日

すい臓がん・早期発見へ検査技術(日経新聞)

今朝の(8月20日)日本経済新聞にこの記事が掲載されていた・・。発見された時は、進行して手遅れになりやすい「すい臓がん」の早期発見が可能になるという。



        ・conv0196.jpg
         日本経済新聞・8月20日(火)朝刊



記事によると、すい臓がんは年間3万人が発症し、3万人が死亡しているという・・。
記事中に、診断されてからの5年生存率(%)の表が掲載されているが・・・、
    ・前立腺がん   93.8%
    ・大腸がん    70.3%
    ・胃がん     64.2%
    ・肺がん     25.0%
    ・すい臓がん    7.1%
       (男性の生存率)


この表を見ると、”すい臓がん”がいかに難治性で、予後が悪いかよくわかる。最近(ここ2ヶ月ぐらい)の自分の体調の悪化で、この数値を見ると「やはり、すい臓がんは、厳しいな!!」と感じている・・・。




にほんブログ村 健康ブログ 自己流健康法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村

posted by げんき親父 at 09:38| Comment(0) | すい臓ガン発見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月16日

ついに、「転移」が現実になった〜!!

先週金曜日の検査結果が出た・・。血液検査は肝機能、腎機能、etcの一般生検は、すべて正常値だった^^。しかし状況証拠を示す腫瘍マーカーは、全項目で一気に急上昇〜。すい臓癌手術前(2011.8.30)を一気に超えて高い数値になっていた・・・。



            CA19-9     DUPAN2    SPanー1   CEA
 <基準値>       37以下   150以下   30以下   5.0以下
2011.8.23(手術前)   320     387      ー       ー
2012.11.30(前回)   201.1   86       107     3.0
2013.8.9(今回)   1194.1   309      846.7   5.1
    (※赤数字は、基準外の数値)



まぁ、予想していたがこれだけ急上昇するとは〜〜( ̄▽ ̄;)〜〜!で・・、肝心の造影剤CT検査の説明を受ける・・・。胃、肝臓、腎臓、大腸などの臓器への転移は認められないとのことだった^^。しかし・・、肺のCT画像を見ながら、T医師が説明するには、白い小さな斑点が広い範囲に認められるという・・・。


大きな塊ではないが、、肺への転移だと判断されるということだ・・。念のため、放射線の専門医にも見てもらったが、間違いないという〜( ̄▽ ̄;)〜。ついに、転移が現実になった・・・(>_<)・・。考えてみれば当然かもしれない^^。


手術後、何もしていないんだから〜( ̄▽ ̄;)・・。1年ぐらい何もなかったのが、不思議なぐらいだ・・。肺以外は、縫合部付近が何となくもやっとしているが、すい臓への再発はないようだ・・。


やや動揺したが、想定範囲内で仕方がないという気持ちだ・・。T医師はそれほど驚いた様子もなく、「下痢と腹痛はどうですか??」と・・。「下痢止めを飲んでからは、やや良くなっています」と話すと、「じゃあ、もう少し飲んでみますか?!」と・・。


「痛みが我慢できないほどでなければ、「鎮痛剤」はまだ出さないで、様子を見ましょう」と・・・。その後、「あなたは、ネッで随分勉強しているようですが、、漢方薬はどうですかね??」と特に押し付けるようではないが、、聞いてきた^^。


「効くか効かないかは人それぞれですが、免疫力の回復にはいいかもしれませんよ!」と・・。まぁ、今のところ信頼しているT先生の勧めなので、2種類を処方してもらうことにした^^。「効くか効かないかは、気持ちの問題も大きいですよ^^」と、本音を言ってくれるのもありがたい・・。


診察が終わる頃には、「抗がん剤や放射線治療しなくても、最後までこちらで診察・治療するから大丈夫ですよ^^」と言ってもらえて、気持ち的にはだいぶ助けられた感じだ・・。ちょっと世間話をして、T先生がまだ39歳であることもわかった〜(^-^)〜。


退院してから、ずっと体調が良くここ2ヶ月ぐらいでの体調悪化なので、T医師はまだ経過観察でも行けると思っているみたいだ・・。私としては、寝込むことなく、普通に生活できれば、正直言って癌があろうがなかろうが関係ない〜〜、なんて思っている^^。


寿命が来ればガンでなくても100%あの世へ旅立つわけだから、、ガンばかりを気にするより、普通に生活するための努力をしたいと思う〜(^-^)〜。あとは、あまり先の心配をしないで、1日1日を大切に生きられればいい・・・。


大体、ガンは老化現象だから、この年になって癌があったって不思議じゃない・・、ガンと仲良く、寿命が来るまでともに生きていけばいいと思っている^^。私の母は”肺炎”で亡くなったが、検死した医師は「肺にはガンもあったようです」といっていた。


転移があったからって、あすから急に特別な生活をすることは考えていない^^。これまで通りの生活で行きたいと思います!あ・・、しかし食べ過ぎ、早食いには注意しようと思っていますが〜( ̄▽ ̄;)。転移のことより、腹痛と下痢が収まることがありがたいですね^^・・。


余談ですが、、腹痛があったので炎症のマーカーCRPについて訪ねたら、検査値は0.01で炎症は全くないとのこと・・。どういうこと??じゃ、なんでお腹が痛いんだろ??やっぱり「ダンピング症候群」なのかな??一般血液検査(生検)が全て正常値というのも、なにか拍子抜けだった!わからん・・・


今後は、1ヶ月1回の血液検査と、3〜4ヶ月に1回のCT検査はするようになるかもしれないな・・。今日も胃カメラの話題になったが、胃の荒れ具合がわかるぐらいで、あまり意味がないので希望しなかった。胃カメラで胃がんが発見されるのは、胃壁の表面にガン腫瘍が出てこないと判断できないそうだ・・。


腹痛と下痢が早く収まることを願って・・、「食べ方」には注意しようと思う〜〜!



にほんブログ村 健康ブログ 自己流健康法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村

ラベル:転移
posted by げんき親父 at 18:01| Comment(10) | 退院後2年未満 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お墓参り・・・

今年の旧盆は、8月13日から16日までだ・・。13日に家族揃っての墓参りは済ませたが、、昨日は塔婆を納めるので、もう一度お寺に行ってきた^^。お寺(菩提寺)は、家から車で10分以内、近いのは助かる〜。


墓参りは、お盆、正月、春と秋のお彼岸、、年4回は行く^^。若い頃とこの年になっての墓参りは、やや気持ちが違ってくるものだ・・。墓誌などを見ていると、、今まではあまり思わなかった、多くの先祖があって、いま自分がある・・・・そう感じている!


普段は、ひっそりしたお寺の中も、お墓参りの期間中は多くの参拝の人で賑わっている^^。13日にあげた「お花」は、すでにカラカラの状態で干からびていた・・。新しい花に取り替えてお線香をあげて、、もうすぐ手術後2年になることを報告、、また、先祖に対する感謝の気持ちをあらわして手を合わせた^^。



また、来月(秋の彼岸)も墓参りに来るが、、身体が動く限りは「お墓参り」は欠かさずに続けたいと思う^^。



        ・130815_1553~02.jpg
         夕方、塔婆を納める方たちがたくさん集まっていた・・



        ・130815_1556~01.jpg
         あらためて「墓誌」を見ると、多くの先祖があって、
         今の自分があることを気づかせてくれる・・・




にほんブログ村 健康ブログ 自己流健康法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村

posted by げんき親父 at 07:21| Comment(0) | 退院後2年未満 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 http://www.sth3.com/suizougan/ にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。