2013年11月26日

駐車場で転ぶ〜〜((+_+))〜〜

「いつもブログにお越したただき、ありがとうございます」

昨日は、入院手続き&点滴で病院へ行った!!無事入院申し込みをして点滴をしてもらい、やや元気を取りもどして帰り際に・・・。


病院駐車場で車に戻る途中、ちょっとした起伏に足を取られて、前のめりに転んでしまった〜〜(>_<)〜〜。すぐ起き上がろうとしたが、腕、下半身に全く力が入らず、1分間ぐらいそのまま倒れていた・・・・。


やっと、落ち着いてゆっくり起き上がりやっとの思いで、車に乗る。想定外のことだった!!まさか、少しの起伏に足を取られるとは思わなかったし、すぐ起き上がれると思ったら・・・・、全然力が入らない〜〜(-_-;)・・・・。



自分が記憶している感覚と、実際の筋力低下にかなりのギャップがあるのだ。あらためて、もう無理はできないなぁ〜と思った^^。一挙手一投足にはもう少し注意を払って、ゆっくり行動しないとまた同じことになりそうだ・・・・。


良く、高齢者が家の中で足を取られて転倒して骨折して、そのまま寝たきりになる・・という話を聞くが、これは他人事じゃない、自分のことなんだと自覚した次第だ・・。本当に気を付けよう〜!気持ちは変わらないが、体力は正直、筋力低下は明らかだ…。



今回の入院もちょうど”潮時”なのかもしれない・・。今日は、午後に入院の予定だ。入院するまで気を緩めずしっかり養生しようと思う。



「最後までお読みいただき、ありがとうございます」





にほんブログ村


posted by げんき親父 at 07:05| Comment(10) | 退院後3年未満(再入院) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月23日

一時入院も・・・・

「いつもブログにお越しいただき、ありがとうございます」

昨日、帰り際に心配したT先生が・・「入院しますか??」と聞いてきた・・・・。余ほど衰弱して見えたのかと思う。「入院って、どんな治療をするのですか?」たずねたら・・・・


「入院すれば、常時点滴ができる状態になるから、それだけ安心で楽になりますよ^^」・・・。「それと、体力が回復したらまた退院することもできるから」と・・・。「急ぐ必要がありますか??」・・、T先生「完全に歩けない状態になる前に、入院したほうが早く体力回復できます!!」と。



そうか!それも一つの選択肢かな?? 今日は、久しぶりで自宅にもどって相談してきた^^。年末で忙しい時に、私が1人でどうなっているか心配なようで「そのほうが、こちらは安心だよね〜〜^^」という…。



たしかに、毎日の食事の準備、買い物、掃除、洗濯、布団干しなどは、知らず知らずかなりの体力負担になっていたかもしれない^^。今回の単身生活も、”無理をしない””頑張らない”ということを目指していたので、一時入院して体力回復をはかるのも一つ必要かもしれない!!


ということで、来週早々にも入院することにしようと考えを決めた^^。食事、洗濯、買い物などがなくなり、常時点滴してもらえるのは体力的にはかなり助かると思う〜〜^^・。一昨年、9月に退院して2年2か月になるが、再入院になろうとはこれまで考えなかった^^。


しかし、完全に”ダウン”する前のほうが回復が早いというT医師のアドバイスに従ってみようと思う・・・。というわけで、このブログの更新も来週以降は、入院先の病院からすることになりそうだ^^。



「最後までお読みいただき、ありがとうございます」




にほんブログ村

posted by げんき親父 at 21:46| Comment(6) | 退院後3年未満 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

点滴でやや元気に^^マーカーは上昇〜((+_+))〜

「いつもブログにお越しいただき、ありがとうございます」

昨日は、11月2度目の通院日。どういうわけか、病院までの7〜8分が歩けそうもない〜(>_<)〜・・。引っ越してから初めて車を運転して病院まで行く…。フラフラしながらやっと外科までたどり着く。


前回、T医師が”点滴”を指示してくれたので、待ち時間に”点滴”を受けながら待つ〜。冷たい輸液がどんどん血管内に流れ込んでくる^^。90分ぐらいで500mlの点滴が終了・・・・。ちょうど、診察に呼ばれた^^。


食べてもすぐ下痢で、消化吸収ができないので、エネルギーも枯渇していた。点滴後は、すこしげんきが戻ったような感じがした^^。T先生は、「その後どうですか??」とやや心配顔でたずねてきた。「う〜ん、相変わらずあまり食べられずで、下痢も変わりないので、活動エネルギーが不足している感じです!」・・


「でも、点滴していただいて少しエネルギーが戻った感じがします・・・」・・、「そう、それは良かった、、週何回か点滴やってみますか?!」・・・。「そうですね、食べ物からエネルギーが吸収できないんでお願いしようかな!?」・・・・・、ということで、診察なしで点滴だけをできるように手配していただいた^^。


<腫瘍マーカー・一般生検は軒並み悪化していた>、
やはり体力低下と、検査結果はリンクしているようだ〜(-_-;)〜〜

        今回      前回(9・6)    前々回(8・9)
CA19-9   2097.1   1214.4     1194.1

CEA      8.8      5.3        5.1

DUPAN2    739      277        309

Span-1   1119.8    777.9     846.7



<一般生検>

・総タンパク    5.7    (下限基準:6.5)
・アルブミン    3.6    (下限基準:3.8)
・AST       132    (上限基準:38)
・ALT       291    (上限基準:44)
・尿素窒素     21.7   (上限基準:20.0)
・赤血球      341    (下限基準:420)
・ヘモグロビン   10.2   (下限基準:13.5)
・ヘマトクリック  30.1   (下限基準:40.0)


全体的に「栄養失調気味」だと思う…((+_+))・・・。体重は40kgぐらいまで減少している。このままでは、いずれ歩けなくなるのではという「不安」も出てきた…。肝臓機能もやや悪化傾向。白血球数は、4120(基準値:3800〜9300)だった^^


「最後まで、お読みいただきありがとうございます」




にほんブログ村

2013年11月20日

ナンの美味しいカレー屋さん^^

月曜日(18日)のことだが、なんとなく美味しいカレーが食べたくなってネット検索していた…。駅の反対側、歩くと10分以上かかるか?? カレー専門店があったので夕方出かけてみた。


「ヒマラヤン食堂」という変わった店名・・・、インドカレーじゃなくてネパールのカレーかな??17時前でお客はいない、、ランチタイムメニューが17時までというのでお得なランチメニューを注文!!3種類のカレーから1種類を選べてそれに”ナン”が付く^^。カレーの辛さは4段階。一番甘い「野菜カレー」にした・・。



イケメンのネパール人が「辛いのはダメ?!」と聞くので、「今、お腹病気ね!甘いのでお願いします〜」と・・。ナンは焼きたてでとても美味しかったが、、大きなサイズで2枚もついてきたので1枚は残してしまった(もったいない〜が)^^。カレーは甘口だが、さすが専門店、とっても美味しかった!!



値段は、ランチ価格で690円と超お得だ・。17時以降はネパール料理などコースもあり、客単価は結構高くなりそうだ・・。「焼きたてナン」が食べたくなったら、また行ってみようと思う・・。帰りにスーパーで苺を買ってみたが・・、値段が高くて甘さはいまいちだった。



       ・131118_1640~01.jpg
       専門店のカレーは美味しい、ナンは食べきれなかった!!690円は安い^^



       ・131118_1146~01.jpg
        ”苺”はいまいちですね、クリスマスぐらいからかな??






にほんブログ村

posted by げんき親父 at 13:41| Comment(2) | 単身生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ザックジャパンに元気をもらう〜〜^^

日本サッカーチームは10月から欧州遠征に出ていた。強化試合では、ワールカップに出場できなかったセルビア、ベラルーシにいいところなく連敗。来年のワールドカップに大きな不安を感じていた…。


しかし、先日強豪FIFAランキング8位オランダ戦で2−2の引き分け、そして今日の早朝に行われた、欧州予選無敗の強豪・FIFAランキング世界5位のベルギーに逆転の3−2で勝利するという快挙を達成した・・。日本はFIFAランキング44位、しかも完全アウェィという中での勝利は・・・、すごい^〜〜^。


目が覚めてテレビをつけると、すでに前半は終わりに近い。1−0とリードされている状態。しかし、その後すぐにFWの柿谷のヘディングで1−1の同点に^^。後半に入り攻め込んだ日本は、本田の右足のシュートで2−1とリードする・・。


圧巻は、相手陣内でディフェンスを崩し、柿谷の軽く浮かせる絶妙なアシストから、フォワード岡崎のシュート…、3−1とリードを広げる^^。終盤、高さのあるヘディングで1点を取られるが、そのまま3−2で逃げ切る…。快挙だ^^。


日本の「良さ」が存分に発揮された1戦だった!今年最後の試合を内容のある勝利で終わったことは、選手たちの大きな自信になったに違いない^^。しかし、不思議なものだ。オランダ戦、ベルギー戦の前の2試合からは想像もできない内容の良さと結果だった!!


チームは、日々の練習をきちんと実践していれば、少しのきっかけでも変わることができるということを目のあたりにした。やはり、結果だけに振り回されることなく、毎日の積み重ねをしっかり実践していくことが重要・・・・・あらためて教えていただいた。「元気」をもらえたと思う〜〜(*^_^*)〜〜




にほんブログ村

posted by げんき親父 at 10:08| Comment(0) | リラックス・思い出・旧友・仕事仲間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月19日

朝の”日光浴”^^〜(^−^)〜〜

10月中旬まで、あれほど暑くてうっとうしかった太陽も、わずか1か月で温かい小春日和なった!!最近の東京の「日の出時間」は大体午前6時半ごろだ。


ワンルームの1間のガラスサッシ窓に暖かい朝日が差し始めるのは、午前7時半ごろになる〜。それから30〜40分間はガラス窓の左から右に向かって、まぶしい、しかし暖かい朝日がゆっくりと横切っていく^^。


ソファのリクライニングを倒して、オットマンに足を伸ばして目を閉じると、暖かさが身体全体にしみてくる〜〜。最近は激やせして、やはり寒さが身に染みる〜〜(-_-;)〜〜。朝のこの「日光浴」のひと時は”至福の時だ〜。



朝日にあたることは、「体内時計」をリセットするのによいらしい。生活リズムを正して、夜もスムーズに入眠できるという^^。暖かいとウトウトとして眠くなる…。腹痛・下痢が続くと人間も植物のように太陽光で光合成をして、活動エネルギーを生成できれば便利だなぁ〜〜〜なんて都合の良いことを考えている^^。



身体を温めることはとても気持ちがいい^^。知識や頭で考えるより、身体がそのことをよく知っている^^。体で感じる・体感するという本来の本能が目覚める感じだ…。1日の中で夜の”入浴時間”と朝の”日光浴”は、単身生活の喜びを実感するひと時である〜〜(*^_^*)〜〜^^




にほんブログ村

posted by げんき親父 at 09:32| Comment(4) | 単身生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月18日

純粋な「利他」の積み重ねは、自分に戻る・・・

われわれ”団塊の世代”は、戦後の著しい復興と経済成長を身をもって経験してきた^^。毎年毎年、頑張れば必ず報われ豊かさが実感された…。経済的な豊さ、物質的な豊かさ、生活の便利さなどは、想像もつかないほど進展した。


そして、現在もその幻想が続くものと追い求めている部分がある。しかし、高度経済成長を担ってきたわれわれ”団塊の世代”は、高齢者となり、少子化社会が到来して人口構成も高度成長時代とは様変わりしている。当時の経済成長をいまだに追い続けるのは”幻想”といえる。



人間は(日本人でなくても)、あえて貧しい時代のほうが”人情味”が溢れているのではないだろうか?!貧しい時は、お互いに助けあぅたり、声を掛け合ったり、隣人に注意を払ったりすることが多かった!自分が子供のころを思い出すとそれは明らかだ…。



金銭的、物質的に豊かになると人間の欲望は際限なく膨らむ^^。昔は、助け合うために隣人との人間関係があったが、今では経済的、物質的な比較対象として隣人を見ることが多い。その根底には、金銭的成功や社会的地位がその人の成功のあかしであり、貧しいことは「人生の敗北」であるという価値観がある。



経済的に成功を収めるための「教育」「生活環境」「人間関係」が一番重視され、近隣の人間関係などは二の次となっているような気がする。都会は、マンションなど個人生活では他人からの干渉もなく自由な生活ができる。若い世代はそれが良いと感じている。



私もずっとそう感じていたが、、最近はやはり「人間は1人では生きていない」ということを実感している^^。「自分は生かされている!」ということに気が付いてきた^^。これは人間関係だけでなく、地球上の生物すべて、特に植物などの自然環境と人間は相互依存していうことに間違いはない^^。



人間関係に話を戻すと、自分の利益にはならなくてもみんなのために黙々と行動してくれている方も多い^^。卑近なところでは、近隣の「ゴミだし」・・・。えてして若者は出勤時にごみを放り投げていく人が多いが、一方でカラスが散らかしたゴミをかたずけ箒でで掃除してくれる方もいる・・。


11月号の「いのちの田圃」(癌患者学研究所機関紙)に、鎌田副代表の話が載っていた・・・。純粋な「利他」は、「自利」に通じているという〜。人間の”生きる力””生きる勇気”は、自分が誰かから必要とされている…そういう存在だと認識することが重要だという…。


これは、「自己重要感」という言葉で表現できる・・。「自己重要感」が高まると、自分の存在価値が大切なものでありそれが、”生きる勇気”や”生きる力”にもなるという^^。自己重要感は増せば、「免疫力」も増すという^^。


ただし、大切なのは「利他の行為」は、打算的なものであってはならない!
  ・こんなにしてあげているのに〜〜〜
  ・「ありがとう」と言ってもらえない
などという気持ちがあっては、純粋な「利他」とはならない〜〜。


また、自分の病状や体力を考えずに、ボランティアなどに没頭して体調を悪化させるのは「本末転倒」だという。あくまで、自分のできる範囲で”感謝”や”見返り”を求めずに、利他の行為を継続することが大切だという〜〜。


「人間は自分1人で生きているのではない」「人間は見えない力で生かされている」「人の役に立つことであれば見返りを考えずに純粋に取り組む」・・・・そんなことが自然にできるようになれば、自分の存在価値が高まり(自己重要感が増し)、自然に「免疫力」も」向上してくる^^。


これまでの経済至上主義、物質至上主義、際限ない欲望の膨張などに歯止めをかけて、こういう考え方、価値観に変えていくことも、「生き方を変える」といことになるのだろうと感じている〜〜(^−^)〜〜!!




にほんブログ村

posted by げんき親父 at 23:06| Comment(2) | いのちの田圃の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月16日

1日1食の生活…

最近の食生活を振り返ると「1日1食」が、お腹の調子に一番合っていて、よさそうだ…。無理して食べた時はろくなことはない〜((+_+))〜。もちろん食べてすぐに腹痛と下痢は来るが・・・・、その後半日以上は、腹が重苦しくてつらい。


どうして食べすぎるかといえば、”活動エネルギー”が不足してフラフラするので、「食べなくてはいけない!」という強迫観念に駆られるからだ…。それほど運動や散歩をするわけではないので、上手に日常生活をこなせれば、食べすぎないほうが体調ははるかに良い・・・・最近はこのことが良くわかってきた。



要は、「腸」が食べ物をあまり欲しがっていないのだと思う。たまにしっかり食べても腹痛、下痢が起きないこともある^^。それは、その前日ぐらいからあまり食事量をとりすぎていないときだ・・・・。だから、お腹の具合に合わせて、食べられないときは無理に食べずに、食べられそうなときはある程度食べる。



このサイクルが一番つらくない感じがしている…。1日1食の場合は、昼か夕方だけ食べる^^。午前中は食欲がないので、緑茶に梅干しやすりおろし生姜を入れて飲む程度。最近就寝時間が遅くなることが多いが、遅い時間に食べると寝るときにお腹が張って寝苦しくなる・・・


昨日は1日1食だったが・・・・、前日からあまり食べていなかったので、ある程度食べられそうだった!寒いので、「湯豆腐」にしたが、スーパーで美味しそうな「刺身」があったので購入した・・。小パックで「中トロ&ブリの2点盛り」。値段は698円とやや高めだったが、脂が適度に乗っていてとて美味しかった〜〜!(^^)!〜〜。


4切れずつの小ポーションだったのもうれしい^^。結局昨日は、それほどの腹痛・下痢もなくお腹は小康状態・・。あと、最近は半分ぐらい余しても食べられないときは、無理に食べずに残すことにしている^^。プリンなども食べられないときは、半分ぐらいでやめている。


この辺の判断や決断が、やはり必要だと感じる。どしても、もったいないと思って無理して食べた時はあとで辛くなる・・。毎日、試行錯誤しているとだんだんわかってくることも多い〜〜。身体に聞きながら判断する・・・・これが重要なんだと思う!!




      ・conv0092.jpg
        寒い時は、「湯豆腐」が温まって良いです^^




       ・conv0091.jpg
        「中トロ&ブリ刺身」(少量パック)・・・脂がのって美味しかった〜!(^^)!






にほんブログ村

posted by げんき親父 at 09:59| Comment(4) | 単身生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 http://www.sth3.com/suizougan/ にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。