2025年01月31日

このブログはすい臓ガンの発見から手術、その後の生活記録です!

いい年になったが、仕事にテニスに、整体指圧にと気ままに暮らしてきたが、ある日(2011年8月20日)恐ろしい宣告を受ける!血液検査の結果を見た医師が、「即日入院しなさい」と。

詳しい検査の結果、「閉塞性黄疸」と診断される。8月22日(月)入院、、入院後2日目に胆管を通すための「ERCP(ステント留置術)」、入院後8日目(2011年8月30日)に「膵頭十二指腸・胃・胆のう」の摘出手術(8時間)を受ける。一時は「死」を覚悟したが運よく生還…。その後の”げんき親父”の生活日記です


2012年9月2日(日)ブログ・タイトルを現在のタイトル(下記)に変えました『ゆっくり自然に生きよう!(癌があってもいいじゃないか^^)』
http://seitenno-hekireki.seesaa.net/article/289827709.html

ブログスタート時は、 『すい臓ガンとの闘い』
2012.2.6に、 『すい臓ガン手術とその後の生活』に変えています。
http://seitenno-hekireki.seesaa.net/archives/20120206-1.html

3度目のブログ・タイトル(2度の変更)になりますが、手
posted by げんき親父 at 00:00| Comment(13) | TrackBack(0) | すい臓ガン発見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
C型肝炎のインターフェロン治療で、副作用のつらさに負けて治療を途中で止めて以来、西式甲田療法などの真似事をしている者です。
朝ごはんはやめて一日2食、肉、卵は食べず、玄米と納豆、豆腐、豆類、野菜中心の食事をしています(ときどき脱線しますが)。
肝臓の治療は瀉血療法をしていますが、薬は一切飲んでいません。最近の肝機能検査ではほぼ正常値になりました。瀉血療法の効果もあるかもしれませんが、食事が一番大切だと感じています。
30年前には東城百合子さんの自然療法に傾倒し、枇杷の葉療法もやってました。
甲田医師のすすめる柿の葉茶を飲んでいますが、枇杷の葉茶も復活させて飲もうかなと思っているところです。
これからも元気発信、楽しみにしています♪
Posted by マーガレット at 2012年02月20日 20:26
マーガレットさん、こんばんは^^、初めまして! 薬を一切飲まず、健康を回復された!それは素晴らしい〜、そんな話を伺うと励みになります!

私もいろいろ書籍やネットを読むうちに、ほとんどの病気は、身体の細胞を構成している「食べ物・飲料」に原因があるのではないかと考えるようになりました^^。

発病前は、いけないと言われる「食べ物」や生活習慣をずっと続けていたので、実感として切実に感じております^^。

私は膵臓がんでしたが、、日本人の3人に1人が癌になるというのは、やはり日本人の”食生活”に何か問題があるからとしか考えにくいですね!

ガン治療も「三大療法」以外の、食事療法などがもっと知られるようになれば助かる患者さんも増えるのでは……と想像しています^^。

私はまだ、厳密な「玄米菜食」には至っておりませんが、、、徐々に近づけていきたいと思います!また、「玄米菜食」の注意点などがあればぜひ教えていただきたいと思います^^!

Posted by げんき親父 at 2012年02月20日 21:25
こんにちわ
偶然、ブログを発見いたしましてコメントさせて戴いています!!(*^_^*)素晴らしい知識は詰まった素敵なブログですね♪♪

私と同じ考えのものが多く、読みながらうんうんと沢山うなずいてしまいましたよ

私は主に、心の病を持つ方のカウンセリングを行っていますが、薬も、高額なサプリも使わずに回復するような方法を取っています。

その場合もげんき親父様の書いていあることが本当に重要で、同じ考えが多く嬉しくなってしまいました。一番目は食生活の改善、本当に大事ですね。

私はそれを含めて3つの方法で完治を目指しているのですが、とても真髄に頑張っていらっしゃるげんき親父様が更に健康体へ向かって戴きたいために、良かったらと思いお伝えしたくなったのですが、でももしもご迷惑だったら申し訳ないとも思ってしまいます・・・・・

お嫌でなければまたコメント残させてくださいね!!
Posted by littebear at 2012年03月11日 14:14
littebearさん、こんにちは^^、初めまして! ブログはゆっくり拝見いたします〜!

私は、自分が癌になったのは食事が間違っていたんじゃないかと考えております…。だから、身体によい食事とは何なのか…、これを今後、勉強していこうと思っております〜。

まぁ、私の場合は一言でいえば『食べすぎ〜』に尽きると思いますが…(笑)。油のとり方は大切ですね!知りませんでした。いろいろわかってくると面白い、、自分の身体で試すこともできるので、、楽しみです^^〜!
Posted by げんき親父 at 2012年03月11日 15:04
はじめまして 私の母親も 同じ時期にすい臓がんと判定されました。黄疸がでていたので 検査をすると 発見され 2011年末に膵臓の半分・十二指腸・胆のう・胆管の切除をしました。
2012年は 何事もなかったのですが 2012年10月の血液検査で 腫瘍マーカーの数値が上がり 2013年1月の検査で さらに高くなっているので PET検査をし 検査結果待ちです おそらく 残した膵尾部に癌細胞があったと思われます

とにかく今後の治療方針も決まっていない状態なので 母親本人が落胆していたので 励ましました 

とにかくお互い がんばりましょう!!!
Posted by レスキュー岸和田 at 2013年01月20日 12:24
レスキュー岸和田さん、こんにちは^^
お母さんが膵臓ガン?!
発見、手術、その後の経過を伺うと、
私とよく似ています!!

腫瘍マーカーはどのぐらいになったのでしょうか?
私は、体調が良いのでもう病院には行かないと(笑)決めました^^。
腫瘍マーカーが上がると、ストレスが増加してそれが原因で具合が
悪くなりそうです・・・

病院の検査は、ガンを発見して抗がん剤や放射線治療でガンを
殲滅することが目的なので、、そういう治療を受けないと
決めた私には、意味がないと思っています!

その代わり、ガンが悪化して死んでも仕方がないという覚悟は、、
しているつもりです!!
高額でつらい治療をしてわずかな期間延命するより、
寿命が来るまで普通に過ごし、寿命が来たら自然に任せる・・
最近はこの考え方でいこうと決めましたので、腫瘍マーカーは
気にならなくなりました^^。
人それぞれですから、、皆自分の考え方と選択でガンと闘っていくのが
良いとは思いますが・・・・。

お母様、お大事にしてください!!
Posted by げんき親父 at 2013年01月20日 12:37
返信ありがとうございます
68歳になる母親です 1年間数値が安定していたのでショックだったのでしょう

僕自身も 最初の告知・手術の時にはショックでした(父親が大腸ガンで入院・手術・退院後に 看病していた母親がすい臓がんになったので) 父親の手術当日は一緒にがんばって待っていただけに 母親の告知の時は 父親は ガックリ落ち込んでいました)
母親の手術も無事成功し1年過ぎて 今回の結果で・・・。両親はネットでの情報は一切入らないので ある意味 幸せかもしれません とにかく 結果の通知後 考えます!
Posted by レスキュー岸和田 at 2013年01月20日 13:13
レスキュー岸和田さん、お父様も大腸がんでしたか?!

免疫学の先生の本によると、強いストレスを受けるとそれだけで
免疫の力が弱くなるそうです。お母さんはお父さんの手術や看護で相当な
心労があったのではないでしょうか?!
心配事が重なることは良くないようです!

少しでも安心できるような情報があれば、話して差し上げること
が良いと思います・・・
気持ちで負けないように、頑張ってください^^。
Posted by げんき親父 at 2013年01月20日 13:43
本日結果発表でした やはり手術で半分残した膵臓とその近くのリンパに ややPETでの反応が出ました(血液検査でも数値が高いので覚悟していました)母親にも この5日間説明してきたので 母親もショックは少なかったです そのあと 神頼みとはいえ 石切さんまで 両親と行ってきました 来週からジェムザールの点滴治療が始まるので 母親本人も頑張ると言っていました
Posted by レスキュー岸和田 at 2013年01月24日 17:22
そうですか! 心配ですね。
抗がん剤をはじめると、免疫が落ちてきますので、、
身体に無理がないようにしてください!

また、気持ちが落ち込みすぎるのもガンには良くない・・・
と思います。病気のことより
趣味や楽しいことをすることが良いと思います!

お大事にしてください。

Posted by げんき親父 at 2013年01月24日 19:24
はじめまして
私の父68歳が膵頭部癌と診断され、今は術前抗がん剤2クール目が始まったばかりです。
手術は7月末の予定です。
げんき親父様のブログを拝見させていただき、書籍化されたということで、売っていただきたくコメントさせていただきました。
Posted by ゆか at 2013年06月24日 19:39
ゆかさん、こんばんは^^
お父さんが膵頭部ガンと診断されたのですね!
大変ご心配のことと思います。

お役に立つのであれば、本はお送りいたします。
ブログの書籍化には少し時間がかかりますので、10日〜2週間ほどお待ちください

右欄の「プロフィール欄(写真下)」に私のメールアドレスが
ありますので、こちらまで「送り先」をお知らせください!
出来ましたら、またメールでお知らせいたします^^
Posted by げんき親父 at 2013年06月24日 19:50
げんき親父様
さっそくお返事ありがとうございました♪
明日、メールさせていただきます!!
ありがとうございました
m(__)m
Posted by ゆか at 2013年06月24日 22:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/243070884
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
 http://www.sth3.com/suizougan/ にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。