2012年12月08日

特定検診の結果が出た^^

土曜日だが、午前中に特定検診の結果を聞きに行った・・、相変わらず病院は混んでいて1時間半の待ち時間〜!病院に行くと疲れる、周りは皆具合悪そうな人がいっぱいで、自分も具合が悪くなる^^。


やっと呼ばれて第6診察室に入ると、先生はインターン生のような若い先生! 検査数値の全てを懇切丁寧に説明してくれた^^。ちょっと丁寧すぎて、感心したが黙って聞くことにした^^。結果は下記のようで、特に大きな問題はなかった^^!


            今回(2012.11.9)   前回(2011.12.20)
胴囲            84.0         81.0
体重            59.6         62.4
BMI            21.2         22.1
血圧            108−60      110−56
中性脂肪            60          79
HDLコレステロール     48          55
LDLコレステロール     72          96
GOT              23          21
GPT              19          15
γーGPT            13          14
空腹時血糖          99         101
ヘモグロビンA1c      5.4        5.1
尿検査(糖・蛋白)     (ー)        (ー)
赤血球数          395         422
血色素料          12.4        12.9
ヘマトクリット値       37.8        39.5
尿酸              6.8         8.2
血清クレアチニン      0.90        0.88
白血球数          9000        6890
            (赤数値は、基準外・・指導判定値



糖尿病判定のヘモグロビンA1cは、基準値が5.2以上となっているが、まぁあまり気にしなくても良いということだった^^。血色素料について、何か原因は??と聞かれたので、「膵頭十二指腸切除」の手術を受けたことを話した。


胃を約半分切除しているので、鉄分の吸収が十分にできていないせいだろうということだった・・。「貧血や立ち眩みはありませんか?」と聞かれたが、テニスでかなりハードに走っても特にはない・・。先生は、気になるようなら、また「フェロミア」を処方してもらってください・・ということだった。


「尿酸値」は、やはり煮干の食べ過ぎだったのか?!今回は正常値に収まっていた^^。白血球数がかなり多かったので、「検診日には風邪で発熱などありませんでしたか?」と聞かれた・・。体調が良い状態で検診したので、思い当たる節はない・・・。


インターン先生いわく「あまり気にすることはないでしょう・・。乳幼児などは大声で泣いたあとに採血すると、白血球がかなり増えることがよくあるぐらいですから・・」と。えっ、私は子供じゃないんだけど・・、まぁ元気がとりえの親父ではありますが^^〜(笑)。


ということで、説明が終了〜〜!まぁ、特に悪いところはなかったようだ。体調が良い時に、数値が悪いと言われると困りますけど、、、最近は腫瘍マーカーが気にならなくなっているので、少しのことでは動じないようになってきた(笑)^^!!


にほんブログ村 健康ブログ 免疫力・抗酸化力へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代以上の生き方へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代以上 自分らしさへ
にほんブログ村

posted by げんき親父 at 16:39| Comment(2) | 退院・通院・健康診断 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月01日

3ヶ月ぶりに診察へ〜〜!

昨日は、ちょうど3ヶ月ぶりに診察に行ってきた^^。なんで病院に行かなくなったかは、以前に書いた・・・。7月26日の血液検査で、腫瘍マーカーがやや上がった。その後、造影剤CT検査(8月3日)の結果は転移も再発もなかったが・・、マーカーが上がっているので急遽PET検査をするように言われる。


8月10日にPET検査を受け、8月30日に結果を聞く。すい臓周辺のモヤモヤしていた場所は異常なし^^、しかし胃の縫合部分に集積があるので胃カメラをするようにとのコメント!この辺から、病院に行くのをやめようと決意〜!検査、検査で患者の体調などは関係なく、検査漬けになりそう・・・。


いずれにしても、抗がん剤はやるつもりはないので検査は不要と判断して病院に行くことをやめた^^〜!最近は、膵炎の薬(カモステート錠)はもうとっくになくなって、エビオス(ビール酵母)、ビオトーワ(ビタミンB1誘導剤)を飲んでいるだけ。しかし、体調は変わりなく良い^^。



じゃぁ、なんで病院に行ったかというと、血液検査とCT検査は1年に何回かは受けておいたほうが良いと思った。もうひとつの理由は、いつもの副院長ではなく手術の執刀メンバーに入っていた若手の「T先生」と一度直接話しをしてみたかったからだ・・。


このT医師は、30代後半から40代始めぐらいの年齢で無口な感じ^^。2階の内科病棟から手術が決まり3階の外科病棟に移った時に「主治医」として面会に来た先生だ・・。一般の外来診察には1週間に数回しか出てこない、、多分、オペ(手術)専門の医師なのかもしれない・。


どうも、副院長だと患者が多くて聞きたいことも聞けない事が多い。逆に検査〜検査と副院長のペースで誘導されて終わってしまうことが多い・・(´・ω・`)・・。昨日(金曜日の午後)は、待ちの患者数もそれほど多くなく、10人以内の待ち人数だった・・・。


しかし、待っていると看護婦がカルテを持ってこちらにやってきて「いつもは副院長の診察ですよね、、だいぶ来ていないようだし〜」と・・。今にも副院長を呼びに行きそうな雰囲気だ(汗)・・。「あ、大丈夫、大丈夫、血液検査の結果だけ聞きに来ただけだから〜、それにT先生は私の手術の執刀医だから^^」と説明して、そのままT先生に診ていただけるようにお願いする^^。


小1時間待ちで呼ばれる。診察室へ入って元気良く挨拶した、、果たして1年3ヶ月前の患者を覚えているだろうか?! しかし、しっかり覚えていてくれた(嬉)^^。執刀したことも改めて確認した。で、聞きたかったことは、”切除した膵臓の大きさ”はどのぐらいだったのか??ということだ。


病理検査の結果として「浸潤性悪性腫瘍」と診断されたカルテは見ていたが、自分のすい臓がんのステージについて説明を聞いたことがない。副院長もはっきりしたことを話してくれなかった。きっと、若手のT医師だったら説明してくれるのでは・・・と考えたのだ。


で、そのことを聞いてみた・・。ステージについては説明してくれなかったが、、切除した膵臓の大きさについては、カルテに記載されていた数値を指差して教えてくれた。その数値を聞いて、改めてびっくりした〜〜!! 多分、せいぜい1cmか2cm程度かと思っていたが・・、4cm×2cm×2.5cmの大きさを切除した・・ということだった!


切除したものが、全部ガン細胞かどうかは不明だが、それにしてもかなり大きい・・・。あらためて、院長、副院長、T医師たちの手術の技術には感謝したいと思った^^。その後、合併症や消化器系の不具合がないのは、やはり手術がうまくいったということが最大の要因だと思う^^。



そして、肝心の8月30日に採血した腫瘍マーカーの結果は、また上昇傾向だった。しかし、引き続き体調が良いのでこの程度の上昇は気にしないでいこうと考えている。体調は極めて良いとT医師に説明したら、「それは、きっと気持ちが前向きになっているせいでしょう^^!」と言われた・・。こういうコメントは、副院長からは聞いたことがない〜!(苦笑)


膵炎防止の「カモステート錠」はもう飲まなくて良いとのこと、、今日は採血だけをして、3ヶ月ぶりの病院をあとにした^^。次回からは副院長じゃなくて、、T先生の診察に変えてみよう〜〜(*^_^*)〜〜。胃カメラもすぐやらなくても良いと言っていただけた(笑)・・


<腫瘍マーカー>  
              2012.6.2      2012.7.26       2012.8.30           
●CEA(5.0以下)       2.4        2.7        2.9
●CA19−9(37以下)   67.7       86.3        117.4
●DUPAN2(150以下)     ー         65.0        84.0
●Spanー1(30以下)     ー         47.5        61.6
     
   (  )内数値は基準値:赤数値は基準オーバー


にほんブログ村 健康ブログ ホメオパシーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 免疫力・抗酸化力へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代以上 自分らしさへ
にほんブログ村

posted by げんき親父 at 12:00| Comment(2) | 退院・通院・健康診断 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月10日

病院に行ってきた!

昨日は、病院に行ってきた。最後に行ったのが手術からちょうど1年目の8月30日、実に2ヶ月と9日ぶりになる〜。しかし、前回通院の”腫瘍マーカー”の結果を聞きに行ったのではない・・・。


1年に1回、市が無料で健康診断をしてくれる「特定検診」に行ってきたのだ。健康状態を把握するのに必要な簡単な検査なので、検尿、心電図、血液検査、血圧、メタボ検診(ウェスト計測)、内科医による問診など・・、混んでいたので2時間ぐらいかかった。


血圧、心電図などは特に問題はなかったらしい^^。血液検査、検尿検査の結果は11月30日以降にもう一度病院にいって結果を聞かなければならない! で、、気になっていたウェスト周りは、やはり危なくメタボの基準に引っかかるところだった^^。


測り方もいい加減な感じがするのだが・・、84cmだった〜(汗)! 去年は、退院後3ヶ月経った12月20日に特定検診を受診したが、その時は81cmだった^^。やはり最近はやや食べ過ぎで、腹が出てきた・・・、なんとかしなくては・・・・(´Д`)・・・


去年は、身体全体がものすごく軽い感じだったが(73kgから60kgに体重が減った)、今年はもう身体が軽いという感覚がなくなった・・。学生時代は、たしか55kgぐらいの体重だったから、まだ減量しても大丈夫なのだと思う^^。


退院して半年ぐらいは、入院前よりかなり元気が戻った感覚があったが、最近はそれほど感じない・・・。はたして検診の結果がどう出るか?! 去年の健診結果と比較できるように記録しておこう^^。


<健診項目>     2011.12.20実施    (保健指導判定値)

腹囲              81cm        85cm以上はメタボ(男性)
血圧             110−56        140以上 90以上
中性脂肪           79mg/dl         150以上
HDLコレステロール      55mg/dl        39以下
LDLコレステロール      96mg/dl         120以上
GOT(AST)          21IU/I           31以上
GPT(ALT)          15IU/I          31以上
γーGPT            14IU/I          51以上
血糖(食後10時間未満)   101mg/dl       100以上
ヘモグロビンAlc        5.1%         5.2以上
糖・蛋白             ー(マイナス)
赤血球数            442        359以下、580以上(男性)
血色素量            12.9g/dl        男性13.0以下
ヘマトリック値         39.5%       男性35.3以下、52.9以上
尿酸              8.2mg/dl        8.0以上
血清クレアチニン        0.88mg/dl      男性1.2以上
白血球数            6890 UL     2500以下、9000以上
     (※ 赤字は基準外の数値)


去年は退院後3ヶ月としては良い数値だった。貧血気味だったのと、煮干の食べ過ぎで尿酸値が基準をオーバーした以外は、特に問題はなかったようだ・・・。さて、今年はどうなるか?!


にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ ホメオパシーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 免疫力・抗酸化力へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村



posted by げんき親父 at 17:31| Comment(2) | 退院・通院・健康診断 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月26日

半端じゃない猛暑です((+_+))

昨日、今日の猛暑は半端じゃない・・・・。太陽にあたると、熱いより痛い感じがする^。愛犬は、毎晩エアコンの効いた玄関にお泊りしている。朝方の涼しい時間だけ少し外に出て、またすぐに玄関に入ってくる^^。冬もつらいが、夏の暑さは本当にかわいそうだ。


そんな暑い日だが、病院に行ってきた。前回腫瘍マーカーのCA19−9の数値が上がっていたので今月も血液検査だけしてもらおうと出かけた。病院は電車で一駅なので歩く時間をいれても30分ぐらいあればつく・・。しかし、今日は駅までの10分がとても歩けそうにない。


久しぶりにタクシーで行くことにした。電話で近くまで来てもらい、タクシーに乗る。やはり冷房が効いていてかなり楽だった。炎天下を歩くのは身の危険を感じる〜!10分ほどで病院に到着。いつもより1時間近く早い時間だ。しかし、病院内は大混雑・・。


エアコンが効いているとはいえ、かなり熱気がこもった感じだった。今日の順番は29番で、やっぱり約3時間の待ち時間だった。前回休診だった副院長がいて、CA19−9だけ数値が上昇しているのに不思議そうに首をかしげていた・・。


CA19-9は、すいぞう癌だけの腫瘍マーカーでなく、大腸がんや胃がんでも炎症があれば数値が上がるそうだ…。ま、どちらにしても採血して1週間後の結果を見てみましょう…、ということになった〜。自分が感じている体調は、特に変わっていないので不思議だ?!


今日は、待ち時間に本を読もうとちょうど良いボリュームの本を持参した。先日近所の書店に出かけた時、売れ筋NO1の棚に置いてあった本だ・・。ノートルダム清心学園理事長の渡辺和子さんの著書で『置かれた場所で咲きなさい』というタイトルの本だ。


表紙の帯には、”人はどんな境遇でも輝ける。どうしても咲けないときは、下へ下へと根を伸ばす。辛い日々も、笑える日につながっているのです”とあった。2時間弱で読み切ってしまった。人生を迷った時や落ち込んでいるときには、かなり勇気づけられる本だ。


「生き方」について指針となる良い本だと思う。若いころに読んだ本で本の名前も忘れてしまったが、『人生に無駄なことは何一つない』ということを書いた本があった。”失敗、挫折、病気、などなど、順風満帆でないことが人生には多々あるが、、、


今日あるあなたは、そのことの延長線上に生きているのであり、そのことがあったから今のあなたがあるのだ……”、といった内容の本だったと記憶している。その意味では人生(今あるあなた)に無駄なことは、何一つないということなのだろう!


何か今日読んだ本と共通する生き方のアドバイスがそこにはある^^。もう人生の折り返し地点を過ぎた我が身としては、今後の人生は迷いや悔いがない落ち着いた生き方を目指したいものだ^^。それには、何か指針となるようなものが必要な気がしている…。




         conv0001.jpg
        『置かれた場所で咲きなさい』渡辺和子著・幻冬舎・952円+税
              2012年7月10日・第12刷発行


にほんブログ村 健康ブログ 免疫力・抗酸化力へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 代替療法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村


       
ラベル:猛暑 熱中症
posted by げんき親父 at 18:24| Comment(4) | 退院・通院・健康診断 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月10日

眼科の定期検診〜

昨日は、20度を超える暑い日だった〜!コートを脱いで、3〜4か月に1回の眼科検診に出かける^^。JR駅のすぐ前にある大学病院…。


正門を入ると玄関までに続く道に桜が満開だった^^。

   conv0097.JPG

 conv0098.JPG


診察室の前に行くと、いつもの担当医が休診となっていて今日はかわりの先生のようだ…。かなり待たされ昼の12時半ぐらいにやっと呼ばれる。事前の検査で視力は0.05と変わらない。だが、角膜がやや白く濁ってきているので、聞いてみたらやはり代謝が上手くいっていないようだった。


で…、来月にもう1回担当医に診てもらうことになった。3度目の手術は嫌なので、何とかほかの方法で逃げたいものだ・・。特に眼の痛みなどはないのでこのままでも構わない…、視力はそれほど期待していない・・。右目は矯正で1.0ぐらいあるので、特に生活に差し迫った不自由は無い^^。


この年になると、どこか1つぐらいは調子の悪いところがあるのが普通なのかな?! いつまでも若いころのように完全な体調と言うのはないような気がする^^〜!



にほんブログ村 健康ブログ 免疫力・抗酸化力へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 代替療法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村




ラベル:眼科検診
posted by げんき親父 at 07:37| Comment(2) | 退院・通院・健康診断 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月01日

院長の診察!

退院後7回目の通院、、、退院してから4カ月と11日(手術後5カ月)が経過した…。今回は、いつもの曜日が都合が悪く初めて院長の診察になった! 退院後、院長の診察は初めて〜。


しかし、病院はやけにすいていた。いつもなら3時間、4時間待ちは当たり前・・。もう毎回その覚悟で行くので、かならず本を1冊は持参して読破しているが・・・、今日は小1時間待ったら診察に呼ばれる^^。久しぶりに院長と会うので少し緊張〜(汗)。


診察室に入ると、、カルテを見ていた院長が、あれっと言う感じで「今日は、副院長じゃないの?」と・・。「あ、曜日が都合つかないので、今日来ました・・」と。しばらく過去の血液検査などに眼を通していたが、、「じゃ、また1カ月分薬出すから^^」と。「今日は血液検査するから、採血していってね」とも・。


診察時間わずか3〜4分、何か言われるかと思っていたのでちょっと拍子抜け…。帰り際に「食事は良く噛んで食べてね、腸閉塞にならないようにね!」と…。ふ〜ん、これまでの検査結果が意外と問題ないので、不思議に思ったのかな?? 抗がん剤の話は全く出なかった^^!


とりあえず、また次回からは副院長の診察に戻そう^^〜(汗)!次回は腫瘍マーカーなどの検査結果が出るから、副院長の方がよさそうだ…。造影剤のCT検査は、次回はいつになるんだろうか?!腫瘍マーカーの結果次第なのかな??


今のところは、自分で感じている「体調」は良いので、あまり検査結果を気にしないで今の生活習慣を続けて行こうと思う^^。


にほんブログ村 健康ブログ 代替療法へ
にほんブログ村


にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村


posted by げんき親父 at 17:08| Comment(0) | 退院・通院・健康診断 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月10日

退院後51日目・4回目の通院〜!

今日で退院後51日目になる(手術後・71日目だ)。。退院後4回目の通院に行く〜。いつもそうだが、病院は超混んでいる。たまたま木曜日が特定検診日に当たっているのか?! 今日は実に4時間待ち(涙)…。



持参した『日野原重明・100歳』(NHK取材班)を始めから終わりまで読破してしまった^^。聖路加国際病院理事長・名誉院長である日野原先生は有名だ…。この書籍を映像化したNHKの番組は何度も見た^^。100歳になってもその夢や使命感は、まだまだ健在だ〜。120歳までのダイアリーを準備しているという^^。



で…、本1冊読み終わっても、なかなか診察に呼ばれない〜、。どうも病院に来て受付する時間が、いつも中途半端なようだ…。帰りがけに看護婦さんに聞いてみたら、大体、午前7時の受け付け開始から9時前までに、約8割ぐらいの患者さんが受け付けに来るらしい〜。



で・・、わたしが病院に着く9時半過ぎぐらいからは、ちらほらと受付患者が来て12時で午前中の受付終了とのこと…。と言うことは、9時半に来ても11時ぐらいに来ても診察を受ける時間はそれほど変わらないらしい^^(苦笑)・・。



早く来るなら、もっとずっと早く来ないと意味がない。やはり9時半は中途半端だった〜。次回は11時少し前ぐらいに来ることにしよう〜!結局、診察室に呼ばれたのは13時半ごろ。今日は、いつもの副院長が急に休んだらしいのであまり馴染みのない先生が…。




入院中何度か回診には来た先生だが、、なんとなくとっつきにくい感じ(汗)。カルテと血液検査の結果を何度も見ていたが…なかなか話し始めないので。こちらから、「前回の検査結果はどうでしたか?」と聞いてしまった…。柔和な副院長とはちがい、検査数値をオープンに見せてくれない〜(涙)。




「あの、腫瘍マーカーの数値はどうなんでしょうか?」としつこく聞くと〜、「CEA,SUPAN-1抗原、DUPAN-2、などのマーカーは問題ないですね〜」と…。私「あのCA19-9の数値は??」…、「うん、40台ですがそれほど問題はない数値です〜」と…。




しかし、何度もカルテのページをめくって、何か腑に落ちないのだろうか?? そういえば、保険会社に提出する診断書(入院・手術などの証明書)ができあがって、今日もらったが・・、傷病名には「膵頭部癌」、「閉塞性黄疸」と記入され、、(新生物の場合)と言う欄には「悪性」とはっきり書かれていた(汗)・・。



その割には腫瘍マーカーが、安定しているのが不思議と思ったのかもしれない〜! 私としては、抗がん剤治療や放射線治療はしたくないので、自己免疫力を高めると聞いたことは、退院後、片っ端から何でもやっているのだ〜! でも、そのことは今日の医師には話さなかった…。



とりあえず、病状が急変したりしない限り徹底して、自己免疫力を信じて努力することはいとわないつもりだ…。で…、今日は血液検査もなく、貧血の鉄分補給の「フェロミア錠」とすい臓炎症を抑える「カモステート錠」を1か月分処方してもらって診察を終了^^。



4時間も待って診察時間は5〜6分(苦笑)、、、ま、病状が悪化していないので良かったと思う^^。午後2時過ぎになったが、駅前の「大戸屋」で焼き魚の定食を食べて帰ることにした^。大戸屋は、ご飯が「雑穀米」や「ひじきご飯」にしてもらえるのがありがたい〜。



どうも、精製した食品より素材のままの食品がいいようだ。白米より玄米、うどんより蕎麦、白糖より黒糖がいいとどの本にも書いてある^^!



conv0027.jpg
読んでいるだけで「元気」を貰える^^



111110_1409~01.jpg
 「大戸屋」の焼き魚定食・雑穀ごはん(ひじき入り)





にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村
posted by げんき親父 at 17:55| Comment(0) | 退院・通院・健康診断 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月07日

5か月ぶりの眼科検診…

久しぶりに信濃町の大学病院に眼科・検診に出かけた〜。前回は6月初旬だったから約5か月ぶりだ…。私は2006年・年末にこの病院で「角膜移植」の手術を受けている。。病院の入り口は、春には桜が咲いて、秋は秋らしい花が植えられていた〜。


conv0023.JPG
秋らしいたたずまいの大学病院

conv0024.JPG



もともと私の左目は、生まれる時の傷で0.1の弱視だった。通っていた病院の紹介で「角膜移植」を多く手掛けているこの病院で手術することになった。執刀医はこの手術では著名な教授…。「角膜移植」は、れっきとした「臓器移植」だ…。国内で臓器提供者を待っていると10年ぐらいはかかる。



この病院では海外の提携病院から角膜を提供してもらい手術を行う^^。しかし、最初の時はかなり怖いものだった^^。麻酔の注射は、釣り針のように先が曲がっており、下まぶたから注射するが30秒間ぐらいは死ぬほど痛かった(涙)〜。で、、手術後は残念ながら、なかなか視力が出なくて結局もう一度手術をすることに〜(汗・涙)。。



しかし、2度目は経験もあり覚悟を決めていたので、一度目よりは緊張しなかった^^。手術は成功したかに見えたが、また半年ぐらいで視力は0.05ぐらいに低下した!! で…、もう3度目はやるのをやめた〜。角膜移植は保険適用がないので、手術と1週間の入院で費用は1回・約100万円…。




がんの治療費も高額だが、この2回の角膜移植で約200万円の手術・治療費がかかった〜。もともと弱視だったので手術しても視力回復は無理だったようだ。。当時は釈然としなかったが…、最近はもうそのことにあまりこだわりはない^^。



右目は矯正で1.0程度は出るので、何とか生活には影響がない^^。片目で車の運転やテニスなどもどうにかこなしている(笑)^^。最近は、定期検診と言っても角膜移植後の拒否反応を抑える点眼薬をもらうぐらいで、詳しい検査などはない〜。



病院はどの診療科も患者があふれていて、世の中病気の人が多いんだなぁ〜とここに来るといつも感じる〜。どうも今日は眼科に来たせいか、自分が「すい臓がん」の患者であることを束の間忘れていたようだ^^。点眼薬が処方されるまでの時間にいつもの隣接レストランで、「サバの味噌煮定食」でランチを済ませる^^。



今回の退院後すぐは、1人前の3分の1も食べられなかったが、、、最近は60〜70%程度を食べられるようになった^^。しかし、以前好きだったとんかつ、天ぷらなどの揚げ物は、身体が受け付けなくなったようだ…。


conv0025.JPG
60〜70%位食べられるようになった^^






にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村
posted by げんき親父 at 17:55| Comment(0) | 退院・通院・健康診断 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 http://www.sth3.com/suizougan/ にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。