2012年09月20日

退院して1年^^!

今日で退院して1年になる〜。去年のことを思い出して、入院中から付けていたノートの日記を読み返してみた・・・。


手術後1週間はかなり辛かった様子がわかる・・。去年の9月20日は火曜日だった。朝の検温は36。5°、体重は61.7kg、午前中の便通2回の記録がある。


この日は最高気温が26°Cで12日ぶりに30°C以下になったと書いてある。去年も結構暑かったんだなぁ・・・、病院にいると外の気温はさっぱりわからん! 台風15号上陸のメモも・・・。


退院後3ヶ月ぐらいは仕事も休んでゆっくりしていたので、体力も回復。年末にはかなり体調は良くなっていた^^。手術を担当してくれた先生、入院中看護してくれた看護士さんたちに感謝したい^^。


退院1年後のこれからのことを考えると・・・・、あまり病気を意識しないで、小さな目標を作って日々精一杯楽しく過ごそうと思う^^。病気のことばかり考えていても結果は変わらないと思うから、それだったら残された人生を楽しく生きる方向にいきたいと思う〜!


また来年も、このブログで報告ができれば幸せである^^・・(^O^)・・・


にほんブログ村 健康ブログ 代替療法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 免疫力・抗酸化力へ
にほんブログ村


にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村

ラベル:退院
posted by げんき親父 at 06:43| Comment(4) | 退院後1年未満 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月31日

手術からちょうど1年・・・

昨日(8月30日)で、ちょうど膵頭十二指腸切除の手術から1年が経過した^^。長いようで短い、いや短いようで長かった1年間だった〜!


2011年8月22日(月)に入院し、8月24日、塞がって黄疸になっていた胆管を開通するステント留置術を受けた。翌日に(8月25日)胆管をふさいでいたのは膵臓ガンがあると宣告を受ける・・。そしてその5日後(8月30日)に手術を受けた。考えたり不安に思ったりする余裕もなく、毎日検査の連続で手術日を迎えた・。


そんなわけで、迷いや恐怖はあまり感じなかったが、、、手術が終わって1週間ほどは、眠れない夜を「すい臓ガン」検索ですごしていたので、もしかしたら、1年間も生きられないかと不安に駆られていた〜!(手術5年後の生存率は10%程度)・・しかし、逆に1年間生きられれば、死ぬための準備はできるな^^と考え直して、入院中買ったノートにこれからしなければならないことを箇条書きにして整理していた。


9月20日に退院。手術がうまくいったのか、その後の歩行練習がよかったのか・・・、体調は順調に回復して食事の摂取量が入院前の4分の1に減った以外は、合併症などの不調に悩まされることはなかった^^。知人、友人、仕事先などへ少しずつ連絡をして病気のことを知らせた^^。


旧友から、ビオトーワを勧められて飲みはじめる。3年前、昔の同僚が食道がんで亡くなった際の葬儀で、抗がん剤、放射線治療の恐ろしさを知ったので抗がん剤、放射線治療はやるまいと決めた・・・。その後、ネットや書籍で勉強していくうちに「日本の癌医療制度」のことが自分なりによくわかってきた^^。


癌がどういう病気で、何が原因なのか・・・・、病院では決して話題にもならないこともわかった・・。要は、がん患者に治療方法の選択肢や選択権はないことも・・・・。それが国が決めた「癌医療のシステム」なのだ。アメリカでは、20年以上も前に癌治療方法の問題点が国家的(国会でも)に議論され、現在は代替療法が主流になっているにもかかわらず、、である。(このことはマスコミが報道しないので、がん患者でも知らない人がたくさんいると思われる)・・。



この1年でわかったことは、”癌は自分で治す病気”であり、日本の癌標準治療では限界があるということだ・・。その考えを踏まえて、今後もブログを継続して行こうと考えている^^〜!!



        conv0141.jpg
          すい臓ガン手術・1年後の手術の痕跡



にほんブログ村 健康ブログ 代替療法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 免疫力・抗酸化力へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

posted by げんき親父 at 13:49| Comment(9) | 退院後1年未満 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月21日

2か月ぶりの通院〜!

約2か月ぶり(正確には8週間ぶり)に病院に行く^^。やや遅め午前10時半ごろ病院に到着、いつもと同じでかなり混んでいた。しかし、9時に着いても10時半に着いても診察までの待ち時間はあまり変わらない。


いつも早くて2時間、遅い時は4時間近く待つ。今日ははじめは混雑していたが、途中からかなり進んだ。市の「特定健診」が7月1日から始まるから、その前なので早いのかもしれない。12時半近くに呼ばれる。1冊読もうと本を持参したがほとんど読まないうちに呼ばれてしまった^^。(汗)


副院長は顔を見るなり、大きな声で「大変お待たせしました〜、体調はいかがですか?」とニコニコしているぞ^^。私が元気そうなので診察する前から、体調が良さそうと読んだのかな(笑)?? 私「はい、体調は変わりないです、仕事もテニスもやっています〜」と。


今日は薬をもらうために来たようなものだ。前回は採血もなかったので今日は問診のみ・・・。聞かれたのは体重のことぐらい。で、、副院長「薬は10週間分出しましょう、何度も来るのは大変でしょ!?」と。それと「あ、今日は血液検査していってね」・・・。


しばらくパソコンでこれまでの検査データを見ていたが、「次回のCT検査(造影剤)は10月にやりましょう、それまでは血液検査見ながらね・・」ということだった。今日の採血結果は、一応1週間後にきて検査結果を聞くことになった。2時間待ちでわずか3~4分の診察、ま、病状が問題ない時は気にならない^^。


10週間後に薬を貰いに来るときはいつかな・・・、と手帳を見たら、、おおっ、ちょうど”8月30日”だ!! 去年の8月30日は手術した日だ・・。もうすぐ1年になる。思い出すと入院してわずか1週間で手術、、、迷ったり不安を感じたりする間もなく、手術前の検査がいろいろ続いてあっという間だった・・。


手術当日は、恐怖感より、、もう”まな板に乗った鯉”の気分で、、早く終わることだけを考えて前向きに手術室に入ったことを記憶している。あと2か月で1年が過ぎる。入院中は、眠れない日が多くネットで「すい臓がん」の検索をするか、深夜に1階まで下りて点滴を引きづりながら、ぐりぐる病棟内を徘徊していた。


病理検査が出たあとは、果たして1年は生きられるのだろうか?? そういう、もやもやした不安がいつも頭の中にあった。その頃は、今のような順調な回復になるとは想像は全くしていなかったと思う。このまま8月30日が迎えられれば、感慨も深いことになるだろう^^。もうしばらくは油断せずにこの体調を維持していこう^^〜!!



にほんブログ村 健康ブログ 免疫力・抗酸化力へ
にほんブログ村


にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

posted by げんき親父 at 19:31| Comment(2) | 退院後1年未満 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月20日

退院後、8か月が過ぎた・・・

去年の9月20日に退院したので、ちょうど今日で8カ月が経過した。体調は、特に変わりはない。普通の消化器手術であれば、もう治ったと言えるのだろう!


しかし、この病気(膵臓がん)だけはまだ油断ができない。手術から1〜3年以内の再発・転移が当たり前と言われている。


最近の睡眠時間、体温、体重の変化をみると
        睡眠時間   体温(℃)    体重kG(体脂肪率)
5月1日  6時間25分   36.4    60.7(23.9)  
  2日  7時間20分   36.3    61.3(24.1)
  3日  7時間      36.5    60.7(23.8)
  4日  7時間55分   36.6    61.0(24.2)
  5日  6時間55分   36.5    61.1(24.2)
  6日  7時間20分   36.4    61.0(24.1)
  7日  6時間      36.4    61.1(24.2)
  8日  7時間55分   36.3    61.1(24.2)
  9日  7時間20分   36.4    61.3(24.2)
 10日  7時間15分   36.7    61.5(24.3)
 11日  7時間25分   36.4    61.1(24.3)
 12日  7時間      36.5    61.4(24.3)
 13日  7時間30分   36.6    62.4(24.6)
 14日  7時間30分   36.6    61.4(24.2)
 15日  7時間10分   36.6    61.8(24.5)
 16日  7時間45分   36.5    61.0(24.2)
 17日  7時間50分   36.6    61.1(24.2)
 18日  9時間5分    36.6    61.1(24.3)
 19日  7時間45分   36.3    61.6(24.3)
 20日  7時間25分   36.5    61.3(24.2)

睡眠時間は、ほぼ7時間以上となって十分寝ている^^。午後11時前にはベットに入る習慣ができた。最近よく寝るのは、朝、目ざまし時計をセットしていないからだ…。大体6時〜6時半ぐらいに眼が覚める。

体温も安定している、やや気になるのは食べすぎで体重がやや増加して、体脂肪率が増えている。先日夏のスーツを買いに行ったら、ウェストが83センチから86センチになっていたのにはショックだった(汗)。また、メタボに戻りそうだ!

なにはともあれ、退院後8カ月は特に問題なく回復している。手術でも抗がん剤でも、放射線治療でも、すべての治療が終わったあとが本当の正念場だと思う。なぜなら、もうその後は自分の「免疫力」に頼るしかないのだ。

だから、どんな治療をしていても同時並行して自分の「免疫力」を回復する努力をしていないと、、手術や治療の後、また再発や転移と言うことになりかねない。聞いた話だが、「手術、抗がん剤、放射線治療で完治した人は、もともと免疫力が高かった可能性がある」……、ということだった。



にほんブログ村 健康ブログ 代替療法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 免疫力・抗酸化力へ
にほんブログ村


にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

posted by げんき親父 at 15:48| Comment(2) | 退院後1年未満 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月30日

手術後、8カ月を振り返る…

すい臓ガンの手術を受けたのは2011年8月30日、、ちょうど8カ月前だ。。この8カ月は何だったのか?!悪夢で始まり・・、まだその夢から完全に覚めたとは言えない・・・。


閉塞性黄疸で始まり、すい臓ガンが発見され、即手術!すい臓がんだとわかった時の心境は、、手術できるのならすぐ手術してほしい、、要らんもんがあるなら即切除してもらいたい、、というのが偽らざる心境だった!怖いとか躊躇するという気持ちより、早く手術を〜…、という気持ちだ。


だから、院長から詳しい説明を受けたあとも迷う気持ちはなかった。したがって家族も私の意思を尊重してくれて入院後8日目に手術となった。難しい手術で、万が一と言うこともあると言われていたが、とにかく早く手術してほしいという前向きな気持ちが強かったので…、いわば”腹をくくった”心境にあった。


手術は8時間かかったが、目が覚めてまだ生きているということは”手術自体は上手くいったんだな!”というのが半分意識が戻った状態で思ったことだ…。2〜3日は手術後の痛みとの闘いだったが、幾分落ち着いてからは夜眠れないので、携帯ネットで「膵臓ガン」の検索ばかりしていた。


出てくる情報は悲観的で悪い情報ばかり…、毎日読んでいると、”ああ、自分も1年ぐらい生きられるのかな?”という不安ばかりだった。院長は手術には自信があったようだが、病理検査が戻ってからは、妙に無口になった。朝の回診時にカルテがベットに置かれるので、院長が来る前に見てしまった。


なんと、写真と一緒に書かれていたコメントは「浸潤性の悪性腫瘍」…。これを見てからは、ますます悲観的になった。ただ、ガンは心筋梗塞のようにすぐ死ぬわけではないというのが救いだと思った。あまり抗がん剤には肯定的でなかった院長が、退院まじかになって「最近は良い抗がん剤もいろいろ出ているから、やってみるか?」なんて言っていた…。


恐れと不安はあったが、入院中はできるだけ病棟内をよく歩き身体を動かすことは続けていた。そのせいか、術後の経過が順調で9月20日に退院となる。退院時の食事の注意事項は、「消化の良いものを食べる」ぐらいで細かい食事指導はない。何を食べても良いということか?!


退院後は、そう遅くない時期に死ぬかもしれないと思い、整理すること、準備すること、寝室を1階に移すこと、仕事先への報告や連絡、、などなど、あっという間に1か月がたった。食事は退院後は、入院前の3分の1も食べられなかったが、、徐々に食べられるようにはなっていた。


1か月を過ぎるころから癌関係の書籍を片っ端から読んでいった^^。食道ガンで亡くなった友人のこともあり、抗がん剤や放射線治療はしたくないと思っていたが、その頃友人から「ビオトーワ」を薦められて飲み始めた^^。同時に生アーモンド、、その他ガンに良いと言われる食物類を食べ始める。


退院後3か月の年末近くになっても、体調が悪化するようなことはなく、不安はあったが生活は入院前とほぼ変わらない状態にまで回復した^^。書籍をたくさん読むうちに「なんでガンになったのか?」と言うことについて、自分なりの原因と結論を見つけた。


あくまで私の場合だが、、、「ガンは生活習慣病」であると考えている。日本人の3人に1人がかかるという癌。遺伝的な要素だけでは説明が付かない。しかも普通の人も1日数千という癌細胞が生まれているという。ただ、ガンが増え続けて発症する人と、そうでない人がいるだけだ。


これは免疫機能が健全に働いているか、働いていないかの差によるものと考えられる。じゃぁなぜ、自分は免疫機能が働かなかったのか?? たぶん食生活を含む生活習慣が、免疫機能を弱めていたと思う。肉食の過多、天ぷら、とんかつなどのリノール油のとり過ぎ、白糖をふんだんに使った甘いもの、食パンにマーガリン(トランス脂肪酸の塊)、飲み物に氷をふんだんに入れて内臓をいつも冷やす、シャワーだけで風呂に温まらない、睡眠時間の不足、、などなど、あげればきりがない。


これらは、毎日の生活習慣としてずっと継続してきたことだ・・。長年かかって自らの免疫機能を弱めて来たと言える。本を読めば読むほど自分の無知さ加減にあきれることが多かった!しかし、気が付いて直すことはいつからでもできる…。本当に直すべきかどうかは自分自身が判断すればよい。あとは自分次第だ…。


ある本に「ガン」を「蚊とボウフラ」にたとえた話が載っていた。蚊やボウフラをせん滅しようと強力な殺虫剤を散布する、すると一時的には死滅するが、またいつの間にかボウフラが湧き蚊が発生する。もっと強力な殺虫剤をまく、そしてまた同じことが繰り返される。


これは何を意味しているのか?? いくら蚊やボウフラに殺虫剤を散布しても結局無くならない。それは蚊やボウフラが発生してくる汚れた川をきれいにしていないからだ…。ゴミがたまって流れが澱んだ川は、蚊やボウフラにとっては絶好の環境なのだ。


この話を読んだとき、、川を掃除して綺麗にすることと、、自分の身体の免疫力を正常に機能させることは同じではないかと気付いた。川からごみが無くなり綺麗で流れも滞らなければ、蚊やボウフラにとっては住みにくい環境になる・・。どぶ川も綺麗な川になれば魚も戻ってくるだろう。


いくら手術したとはいえ、ガンの種や根っこは、川の流れに乗って他の臓器に流れ着いているに違いない。そこがよどんだ川と同じ環境であれば、ガンにとって住みやすい環境に違いない。だから、食習慣や生活習慣を反省して一刻も早くきれいな川のように、自分の身体の免疫力が十分に機能できる身体にすべきではないかと考えたのだ…。


いまのところ体調が良く、CTや血液検査も大きな異常が認められない。「食生活」「生活習慣」以外で考えられるのは、やはり「ビオトーワ」の服用だろうか?! 手術後まだ免疫力が回復しない段階で、この「ビオトーワ」を服用したことが、すぐの再発や転移を防止してくれたことは十分考えられる…。


もうすぐ服用して200日目になるが、今後の服用をどうするか思案中だ。。できるだけ薬に頼らず自分の免疫力を高めて癌が再発や転移しないようにしたいとは思っている。薬を死ぬまで飲み続けることより、副作用もなく薬よりはるかに強力な免疫力を自分自身が作っていくこと…、それを目標にしていきたいと思う^^。


かなり長くなったが、この8カ月を振り返っての本音である…。


にほんブログ村 健康ブログ 代替療法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 免疫力・抗酸化力へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

ラベル:術後8ヶ月
posted by げんき親父 at 21:19| Comment(0) | 退院後1年未満 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月17日

慣れてしまった?!

退院後、体重は入院前のの10kg減・62kgで安定している・・・。退院してから今年の1~2月ぐらいまではこの体重減がすごく快適で、歩くのにも、階段を上るのにも、テニスをするのにも身体が軽くて軽くて、かなり心地よかった。

地球の重力が2分の1ぐらいに感じられたほどだった…。が、、最近は、体重が増えているわけではないが、この身体の軽さを感じなくなってしまった〜。今の体重に慣れたのか?! 特に身体が軽いという感覚がない。重たいわけではないが、以前の快適さがない(;一_一)。。

これも一つの適応なのかと思う。また退院後一所懸命努力していたことも、ずっと続けていると特に意識しなくても当たり前になってくる〜。毎日のラジオ体操や運動、朝食のスタイル、必ず食べるもの、、こういったものが生活習慣として根付いてきたようだ…。

入院前と比べると生活の中味は、随分変わったと思うが…、定着してしまうと特に違和感や不自然な感じはしない^^。やはり少しずつ「生活習慣」そのものが変わったと言える。食事習慣については、規則正しく食べるようになったが…、少し食べすぎているような…(;一_一)・

1日2食かプチ断食を実行したいとは考えているが、なかなか行動までいかない・・。まず、食べることは、”お腹がすくまで食べない”、、”お腹がすいたら初めて食べる”と言う習慣が必要だ。。時間になると必ず食べる(あまりお腹がすいていなくても・・・)というのを直していかなければと思う^^。

まぁ、去年と比べたら、免疫力の要である「腸」の負担はずいぶん軽くなっていることは間違いないと思う^^。

にほんブログ村 健康ブログ 代替療法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 免疫力・抗酸化力へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

posted by げんき親父 at 09:08| Comment(0) | 退院後1年未満 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月01日

膵頭十二指腸手術後、半年経過・今年3回目の通院…

昨年8月30日に膵頭十二指腸切除手術、、。ということは、早いものでもう手術後半年経ってしまった。今日は今年3回目の通院・診察に行ってきた。


前回は、院長診察だったが今回は副院長だ…。2か月ぶりで「体調はいかがですか?」と、前回の血液検査の結果をPCで見ながら聞かれる〜。「変わらず、体調はいいです^^」とこたえると、前回の難しい顔ではなく、、かなりニコニコして・・・、


「血液検査は特に問題はないようです」…、と。。「栄養状態が良いようですね^^」と。手術後はビタミンB12が低下することが多いらしいが、、前回584pg/mlだったのが、今回696pg/mlだったのを指して説明してくれた。(実はビタミンB12のサプリを1日1錠服用している…、が、それは言わないでおいた^^;)


気になる腫瘍マーカーは、CEAとDUPAN2が基準値以内(よし、よし^^)。しかしCA19−9が前回37.3だったのが、41.7に上がっていた(汗)。しかし、副院長は入院中からの時系列でデータを示して(入院中の最高値は320だった)、「手術後はこのマーカーはやや上がるので、他のマーカーが問題ないので気にしなくていいですよ」、、ということだった(ほっと・・)。


で・・、これまで飲んでいた鉄欠乏貧血治療のための「フェロミア錠50mg」はもう飲まなくてよいということだった。あとは、膵液の働きを抑える「カモステート錠100mg」は継続して飲むことになった。今回は血液検査はなし・・。


このペースだと血液検査は2か月に1回か?! このまま無治療で経過観察になると、CT検査は半年に1回ぐらいになるのだろうか?? 今度聞いてみよう^^。 前回はCT検査結果を見て喜んでいた私を見て、副院長は「検査結果はあくまで現在のもので、今後はどうなるかはまだわからないです」と釘を刺された。


しかし、今日の副院長は、半年経過して順調なのを確認して、かなり嬉しそうな雰囲気ではあった^^〜! 手術が上手くいった結果でもあると考えていたのかもしれない^^…。私としては、「体調が良い感覚」を維持できるよう努力したい・・。


帰り際に、、副院長から「食事は、良く噛んで食べてくださいね〜!」と前回院長に言われたと同じことを言われた。そういえば、最近また早食いの癖が出て来たところだった(良くないな・・汗^^;)。1口30回噛むのがいいらしい、、ゆっくり食事をするようにしよう^^〜”!



にほんブログ村 健康ブログ 代替療法へ
にほんブログ村


にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村


posted by げんき親父 at 17:46| Comment(2) | 退院後1年未満 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月22日

退院後、5カ月が経過…

すっかり忘れていたが、、2月20日(月)で退院後5カ月が経過した〜。無治療でここまで来たが、日常生活は発病前と変わっていないので、最近は自分が病気なのを忘れている^^(笑)。


ただ、「生活スタイル」は入院前と比べてずいぶん変わった! 一番変わったのは「食生活」だと思う…。退院後意識して変えてきたのは、

●揚げ物は全く食べなくなった(昨夏は天ぷら、とんかつ、から揚げなど、特に外食では油で揚げたものをたっぷり食べていた・汗)
●冷たいものを飲まなくなった(家でも外でも氷がたくさん入った飲み物を飲んでいた)
●コーヒー、炭酸飲料を飲まなくなった(外ではコーラをたくさん飲んでいた)
●肉類を食べる量が減った(全く食べていないわけではないが、食べる量は激減している)
●朝食のマーガリンとトーストを食べなくなった(精白したパン、トランス脂肪酸はとらない)
●ご飯は白米ではなく五穀米か発芽玄米を混ぜて炊いてもらっている(まだ玄米菜食には至っていない)
●レモン、みかん、ぽんかん、生姜紅茶、蜂蜜、黒砂糖、アーモンドなどを良く食べるようになった(白砂糖は極力食べない、家でも使用しないようにしている)
●家での夕食は、寒いせいもあり野菜たっぷりの「鍋物」が多くなった(以前は、焼き肉、すき焼き、しゃぶしゃぶなどが多かった)
●外での昼食では、そばを食べることが多くなった(以前はうどんが多い^^)
●家では、毎食前に生野菜(亜麻仁油かシソ油で)を食べている


食生活以外の変化は、運動を良くするようになったこと。入院前も週1回のテニスはしていたが、退院後は毎日「筋トレ」を継続している。これまでは大体3日坊主で終わることが多かったが、最初は無理せず少しずつで始めたので、何とか現在まで続いている^^。
●ラジオ体操
●腹筋
●ダンベル
●腕立て伏せ
●スクワット     を朝と就寝前にしている。

運動を続けることで、血流が良くなり代謝が促進され体温も36.5℃で安定している。しかも、就寝前に運動をすることで寝つきがかなり良くなった! 時々、めげそうになるが、記録を取ることで継続している(笑)。


その他、変わったことは……と言えば、無治療なので、「ビオトーワ」を飲んでいることぐらいか!?(あ、薬と言えるか、「エビオス」(ビール酵母)も飲んでいるが…)「ビオトーワ」は、今日で127日目になる。飲む量は、85日目以降は1日4錠から増やしていない。(前回の造影剤CT検査、血液検査で転移や再発の兆候がなかったので…)


次回の通院診察は、3月1日(木)の予定だが、血液検査の結果が出ているはずだ…。何が良くて、ここまで転移や再発の兆候がないのかは特定できない^^。いずれにしても、食生活習慣、運動に関しては、今後も継続していくつもりだ〜!

自分としては、一番信頼している”自己免疫力”がしっかり機能できる『身体の環境づくり』は自分の責任で実践しようと思っている^^!!


にほんブログ村 健康ブログ 代替療法へ
にほんブログ村


にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村


posted by げんき親父 at 11:23| 埼玉 ☔| Comment(0) | 退院後1年未満 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 http://www.sth3.com/suizougan/ にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。