2013年10月02日

筋力の蓄積・・・

鎮痛剤を服用し始めてから、6日たった。最初の2〜3日はかなり腹痛が緩和され、楽になったのがよく自覚できた^^。しかし、一昨日の夜中は腹痛で目が覚めた・・・。痛みが辛いので、初めて「オキノーム散」を服用した。その後は腹痛が収まった!


1日10mgのオキシコンチン錠は、一日服用量としては一番少ないようなので、次回はもう少し増やしてもらうか?!考えてみよう〜。鎮痛剤は、”対症療法”だとわかっているが、一時的にも痛みを抑制したほうが、体力消耗を抑えるには良いかもしれない!


痛みが緩和されれば、少しずつ体力回復につながるかもしれないと思う^^。服用し始めてすぐに、便秘気味になるかと思われたが、そうでもなかった。やはり食べ過ぎれば下痢になる〜(´Д`)〜。腸は相変わらず、「あまり食べるな!」と指令を出しているようだ・・・。


ところで、最近の体重は46kg台になった!。手術前の体重が73kgだったから、マイナス27kg・・・、実に元の体重の63%しかない・(>_<)・・。普通これだけ、体重が減ると筋力が衰えて、歩けなくなるのではないだろうか?!


最近は、エネルギー不足で、さすがに筋トレはお休みすることが多いが・・、朝のラジオ体操、夕食後の散歩(20〜30分)は継続している^^。多分、退院してから毎日続けてきた”筋トレ”の成果が大きく影響していると思う^^。


体重が減りつづけてからも、骨格筋率は減ることはない。体重が56kgあった6月下旬頃は、骨格筋率32%台だったが、、昨日の体重46.5kgに対して、骨格筋率は37.7%で相対的に上がっている^^。体重減で、内臓脂肪や皮下脂肪はほとんどなくなったが、筋肉量はあまり減っていない・・そう推測している^^。


そう考えると、退院後テニスや筋トレを継続してきてよかったなぁ〜と思う^^。これからも、無理しない程度に、できるだけ身体を動かして筋力が衰えないようにしたいと思う〜(^-^)〜。辛いからといって、寝てばかりいては回復できないような気がしている。


現在1人住まいになってからの「基本の日課」を考えているが、1日2〜3回の散歩は、欠かさずに実行したいと考えている^^。




にほんブログ村

2013年08月12日

久しぶりの筋トレ〜^^!

腹痛と下痢が続くと、倦怠感があって運動どころではない〜(´Д` )・・。やっと50kgをキープしているが、40kg台に入るのも時間の問題かも〜(>_<)・・。先週も無理して、テニスに出かけたが・・、今週は自重しようと考えている^^。



筋トレも最近はサボり気味で、週1〜2回ぐらいになった!昨日は、夕方頃、恐る恐る久しぶりに”筋トレ”をしてみた^^。やはり体力が落ちているのを感じる・・・。持続力とかスタミナが激減している感じだ・・。食べられないから、体重が減る、、体重が減れば体力が落ちる、、あたりまえのことだ!



ラジオ体操は、毎朝6時半、「夏休み全国巡回ラジオ体操」(NHKラジオ)を聞きながら継続している・・。運動は、したほうがいいのだが、無理すると逆効果になりかねない^^。無理せずにやろうと思う〜。



で・・、昨日は、久しぶりで「筋トレフルコース」をゆっくりやってみた。まず腕立て伏せ20回、、続いてダンベル20回・・、ダンベルは3kgのものから2kgに減らした^^。これを2セットずつ、ゆっくり、ゆっくり〜〜。



筋肉は貯金できるのか?!・・、これまでの1年半の継続でそれなりに貯金がある^^。それほどきつくなく出来た^^。その後、腹筋30回、スクワット30回、、これも2セットずつ^^。ゆっくりしたが、まだ余裕はあった、、が・・、回数は増やさないことにした〜。



回数を増やすより、やめずに無理なく継続できればいいと思う〜(^-^)〜。QOL(生活の質)は、腹痛、下痢の前より落ちているが・・、退院後1年半が、あまりにも体調がよすぎた〜。消化器系手術は、そんなにすぐ良くなるわけではない事を、今回は思い知らされたと思う^^。



ずっと寝込むことがないように、、少しは体を動かし、無理せず、ゆっくり、マイペースでやっていこう〜!これだけ痩せると、、骨と皮ばかりになったようで・・、ちょっと自分自身可哀想な感じがする。2ヶ月足らずでもこうなることを自覚しておかないといけない^^。


早く猛暑が収まってくれることを願いたい・・・・・(゜´Д`゜)・・・




にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 自己流健康法へ
にほんブログ村

2013年08月07日

靴下1枚追加〜〜^^!

昨日、、靴下の”重ね履き”に1枚追加した〜〜^^!これで、全部で5枚になった^^。10枚以上履いている人もいるという〜( ̄▽ ̄;)〜本当かな?。靴が履けるのかな? 5枚だけでも、足が腫れたように太くなるのに〜・・。


しかし、効果てきめんか??朝起床時の体温が、36.9度になっていた^^。もちろん就寝時も履いているのだ!!絹の5本指をまず2枚はく、その後絹の普通のを1枚、、その上に木綿性のを1枚、、最後に普通の靴下1枚・・・・。足がはれぼったいなぁ〜(´Д`)〜。



空腹時の腹痛、食後の腹痛下痢・・対策で、なにかせねばと、、最近始めた。これ以外には、、また半身浴を復活させた^^。足湯も継続中だが、、半身浴の方がお腹の痛みがより緩和される・・。就寝中は痛まない・・・不思議だ・・。



なので、なるべく早く寝てしまう〜。睡眠時間は7時間半以上でよく熟睡できている^^。起きてる時の方が辛い〜(>_<)〜。復活といえば、、人参・りんごジュースもあれから続けている^^。腹が痛くて食べる量が激減、、キャベツに亜麻仁油などはもう1ヶ月近く食べていない〜。



ビタミン、ミネラル、その他エネルギーは枯渇状態〜、せめて、人参・りんごジュースでビタミン、ミネラル、食物繊維などを補給しようと・・・。昨日、うまそうな桃を見つけたので、ジュースにしようと買ってみた^^。食べられない時は、ジュースでもいいかもしれない^^。



ということで、ここ1ヶ月は朝食は、しょうが紅茶と果物少々ぐらいで、「プチ断食」状態・。昼食、夕食も合わせて1食分ぐらいのボリュームで、”痩せるな〜”というのが無理〜。まだ50kg台は維持しているが今後どうなることやら^^。


筋トレは、回数は減らしているが出来る日はちゃんとしている^^。テニスもなんとか継続中〜(これは唯一の楽しみなので・・・)。腹が痛くて”食べられない”というのは、体が「食べるな!!」と言っているのだろうか??



普通ならそう理解するのだが・・・。エネルギー不足でフラフラすると・・、下痢してもいいから食べておくべきかと・・、迷うところだ^^。下痢も”毒出し”と考えれば、気にしないで出るだけ出す〜(>_<)〜という考え方もある^^ハハハ・・。しかし、フラつくのは困るな〜。


舌の表面が白っぽくなっているので、きっと胃腸が荒れているのは間違いないと思う・。便の色がやや黄色い日があるので、胆汁が出過ぎ?? 調べたら、術後に胆汁が胃に逆流して起きる症状もあるらしい^^。まぁ、病院行けないから、我慢して頑張るしかないな^^。



       ・conv0190.jpg
        靴下5枚重ね履き〜、まず5本指(絹製)のを2枚履く・・・・



       ・conv0191.jpg
        その後、5本指でないのを(絹製)1枚履く



       ・conv0192.jpg
         4枚目は、木綿製のを1枚・・・・




       ・conv0193.jpg
        最後は普通の靴下1枚・・・・足が腫れたようだ・( ̄▽ ̄;)・・



にほんブログ村 健康ブログ 冷え取り健康法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 東洋医学へ
にほんブログ村

2013年08月01日

冷え取りの「基礎知識」・・・(1)

偶然、書店で見つけた進藤先生の本を買って、、なんとなく始めた”冷え取り”だが、、かなり奥が深い〜ということがだんだんわかってきた^^。中途半端にしないためには、、冷え取りの「基礎知識」をよく理解しておくべきだと思う・・


進藤先生の本から、「冷え取りの基本知識」を少しまとめてみた^^。

●「病状がない=健康」ではない
@病気には潜伏期間がある
病気は発病する前に自覚症状のない「潜伏期間」がある。この時は検査をしても正常な数値が出るので一般的には”健康”とされる。しかし検診後に急に病気になり、亡くなるという事例もある・・。その場合は、検診時は潜伏期間でわからなかったということになる。

私たちの体には、自然治癒力とか自然良能とよばれる、体の病的な状態を治そうとする力がある。しかし、「冷え」があると、その働きは弱められ歪められたものになっていく。足元をいっそう冷やしたくなったり、お腹いっぱいに食べたくなったり、健康を損なうことが好きになる。

そして、病毒は増加して体に溜まっていき、限度を越してしまった時に初めて、病気が目に見える状態になる・・・。現代医学では、溜まりすぎてしまった毒が血管や尿に出たり、腫瘍細胞、ポリープ、潰瘍という具体的になった状態を”病気”という。何らかの疾患という形に現れる前に、すでに病毒があるのだが、西洋医学ではこれがわからない・・・



A病状を消しただけでは治らない
西洋医学では、手術や治療をして完治した患者が、数年後に同じ病気で戻ってくることが多い。西洋医学では、病気を治すというより、”症状を消す”ことが優先される。治療を行ったあと検査をして、そこに病巣が見当たらず、数値が一定基準を満たしていれば治ったことになる・・・という医療である。

冷え取りの医学では、たとえ”激しい症状”があってもそれは仕方がない・・。体の毒が出ていくということだから、むしろ良いことである。出す毒がなくなりさえすれば、症状もなくなって真の健康を取り戻せる。

ところがいまの医学では、その毒を出さないようにする。つまり症状を消す(症状を止める)ということをする。そうすると、毒は内蔵に溜まったまま、そしていつか同じところに症状が出るか、、他のところに出る。

例えば、肺の病気を一所懸命治したと思ったら”肝臓の病気”になってしまった。これは人間の体を全体としてみると当然考えられる。ところが西洋医学では細分化され、出た臓器の専門医が診断して、出てきた症状を消せばいい・・そういう医療になっている。

消化器内科、消化器外科、呼吸器内科、呼吸器外科、循環器内科、循環器外科、、etc。西洋医学の進んだ結果あらゆる診療科が存在している。しかし、病気はたまたま見つかった一点だけに集中して治療しても、あまり意味がない!

病気は、自分の身体の理由があって”病気”になったはずである。その根源的な部分を見逃して、症状という表層的な部分だけを解決したつもりでも、本来の病気の種は体のどこかに潜んだままとなり、いずれは形を変えて現れる・・というわけである。


長くなったので、また次に続けたいと思います^^。



あ、ひとつ”冷え取り”を始めてから体に変化があったので、紹介しておきます〜^^。私は以前から、膝の内側(太もも部分)に赤黒い静脈がたくさん浮き出ていました・・。いずれ静脈瘤になるのではないか〜( ̄◇ ̄;)〜と不安に感じていました!


ところが、最近ふと気がついたら・・・、あんなに浮き上がって目立っていた、網の目ような赤黒い静脈がほとんど目立たなくなっていました〜(´∀`)〜。これにはちょっと驚きです!!足先が毎日温められ、血流が良くなったことと関係しているのかもしれません。


血流がよくなることは、酸素や栄養が末端まで運ばれ、老廃物も溜まることなく排除されるので、血管や体全体が浄化されるような気がします・・・・


    

         conv0180.jpg
           膝の内側にあった赤黒い静脈がいつの間にか・・
            ほとんど目立たなくなっている^^




にほんブログ村 健康ブログ 冷え取り健康法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 東洋医学へ
にほんブログ村

タグ:冷え取り

2013年07月29日

テニス、今年35回目、ヘロヘロだが行ってきた・・

1ヶ月間も腹の不調が続くと、、体重は激減する^〜!それまでの半分以下しか食べられなければ、体重が減っても当然だ・・。空腹でもしくしく痛むし、食後は膨満感で重苦しい〜(>_<)〜。胃腸が痛まないのは・・・、
  ・風呂の浴槽に入って、温まっている時
  ・就寝中〜(寝ているときは熟睡〜)
  ・半身浴、足湯をしているとき
  ・テニス後の温浴施設で、リラックスしているとき
  ・テニスをしているとき
これ以外の時は、、胃腸が痛重苦しいのが続いている・・。


4月ごろまでは、食後も膨満感はなく、胃の痛み、下痢もない^^。どちらかといえば、胃腸は快適な状態だった!!6月末の下痢で、胃腸になにか異変が起きたのか??胃、十二指腸、胆のうなどを切除した場合、「ダンピング症候群」の症状が起こるらしいのだが・・・・


春先までは、そんな症状はほとんどなかった!それが今頃になって、急に起こったのだろうか?? ずっと何でもなかったので、”早食い”や”食べ過ぎ”の状態になっていたのかもしれない??胃は、食べた食物を少しずつ腸に送るのだが、、、胃を切除すると、食物が一度に腸に流れ込んでしまうらしい〜!


そういえば食後に、腸の活動が活発になってものすごい音がすることが多い〜!
   ・ぐるぐるぐる〜
   ・ぐーっ、ぐーっ、ぐーっ
   ・キュルキュル〜    など大きな音がする・・・
食後、すぐに足ふみ運動をすると、ゲップやおならがたくさん出る〜( ̄◇ ̄;)・


食物が通るに連れて、胃の下部から、左右の腸、下腹部など、、、どんどん音のする場所が移動していく〜。先日、ピロリ菌検査の医師が言うには、「腸が活発に動いているんではないか??・・それ自体は悪いことではない」と・・。


しかし、これが高じると急に腹痛が来て下痢になることもある〜(>_<)〜・・。困ったものだ・・。6月下旬以降、食べる量が、半分以下になってからの体重減の推移は・・・、
    3月1日・・・・・・・59.0kg
    4月1日・・・・・・・59.0kg
    5月1日・・・・・・・57.7kg
    6月1日・・・・・・・58.3kg
    7月1日・・・・・・・55.3kg(6月下旬から不調になる)
    7月15日・・・・・・54.3kg
    7月20日・・・・・・53.7kg
    7月25日・・・・・・52.9kg
    7月29日・・・・・・51.5kg   
この調子だと、50kgを切るのも近いか?? 3月初旬から実に、7.5kgの体重減だ・・。


こんな状況なので、、、今日はテニスに行けるかと迷ったが・・・。テニスをしている最中は腹痛などはないので、行ってみることにした〜。しかし、エネルギー不足でヘロヘロ〜、フラフラ状態〜(>_<)〜。行く前に、発芽玄米もち2個、カステラ1個を無理やり腹に詰め込んだら、たちまち腹痛と下痢になった〜( ̄◇ ̄;)〜。


しかし、しばらく休んで落ち着いたので、テニス決行に^^。練習中は、、エネルギー不足を補給するために、「黒糖飴」をしゃぶりながらなんとか無事に終了する^^。レッスンあとの温浴施設は気持ちが良く、リラックスできて無理して行ったかいはあった^^。


しかし、こんな状態がいつまで続くのやら〜( ̄◇ ̄;)〜。冷え取りのブログを読むと、、”痩せてガリガリになった”なんていうことも書いてあったが・・・。60kgの男性が42kgまで痩せたという話もあった!食べられないと、「自己融解」ということが起こって、自分の脂肪細胞などからエネルギーを産生するらしい〜。


「自己融解」がすすむと、癒着していた腸壁や腫瘍なども、エネルギー代謝されてしまうと書いてあった^^。この男性は、腸の癒着がバリバリ音を立てて破れていくのが音でわかる〜( ̄◇ ̄;)なんて、怖いことも書いてあった!!胃カメラやれば、どんな状況かはわかるのだろうが・・、わかったからって、手術や薬は嫌なので、我慢するしかない!!


いろいろな症状で苦しんでいる方のブログを読んで、、勇気をいただき、なんとか自分も頑張ろうと考えているところです・・・。あ〜しんど〜( ̄◇ ̄;)〜。



にほんブログ村 健康ブログ 冷え取り健康法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 東洋医学へ
にほんブログ村



2013年07月27日

腸の健康回復には「冷え取り」が必要!

ここ1ヶ月間の腹痛、胃腸の重苦しさ、時々の下痢、、、まだ継続中だが、原因がわかってきたような気がする^^。1ヶ月少し前から始めた「冷え取り」の瞑眩(めんげん)、好転反応だと感じる・・・。いままで、長年にわたって溜め込んできた化学合成物資などの毒素を、自分の力で排出しようとして、この作用が起きているのだと思う。


なんとなく始めた「冷え取り」、、最初は半身浴からだが、、「足湯」が手軽で1日何回もできるので最近は、もっぱら足湯をしている^^。しかし、進藤先生の本にある「瞑眩(めんげん)」がこんなに辛いものだとは想像していなかった。


ネットで、「冷え取り・瞑眩・好転反応」などのキーワドで検索すると、、多くの方のブログが出ている^^。その瞑眩の激しさはびっくりするようなものもある〜(>_<)〜。私の腹痛など、まだまだマシな方かもしれない^^。



上半身、すごいアトピー状になった皮膚(写真)が載っているブログがあったが、、瞑眩が収まったあとは、すごく綺麗な肌になっていた!!毒を自分の力で排出すれば、人間は本当に健康を取り戻せるものだと感心する^^。しかし、この辛さに耐える我慢強さ、、”根性”が必要だなぁ・・( ̄◇ ̄;)・・。



もともと私は、男のくせに「末端冷え性」の体質だった!それもそのはず、何十年も家の冷蔵庫の氷を独り占めにして、すでに冷えた清涼飲料水にグラスいっぱいに氷を入れて飲む、、アイスクリームなどの氷菓は毎日のように食べる・・。これで体が冷えないほうがおかしい〜。



しかも、常時食べ過ぎ状態、、間食はチョコレートや甘い菓子、、寝る間際までせんべいをポリポリかじる^^。その上で「俺は胃腸が強い〜^^」なんて自慢していたが、天罰が当たったといってもいいだろう〜( ̄◇ ̄;)・・。


やはり消化器系が弱って、すい臓に癌ができていた・・。手術では、胃の半分、胆のうと十二指腸は全部、そしてすい臓は約3分の1を切除した・。これでは、消化器系はものすごいダメージを受けたと思う・・。しかし、退院して約1年半後(今年の春先)までは、徐々に回復して一度も腹痛や下痢、胃腸の不調などはなかった^^。



それがここ1ヶ月前ぐらいから急に、下痢を手始めに、腹痛、胃腸の痛重苦しさなどが出てかなり辛い・・。食事の量も半減、、体重は激減・・・。思い当たる原因はなく、ピロリ菌検査も陰性で問題はなかった!そうすると、考えられるのはちょうど1ヶ月前から始めた「冷え取り」しかないのだ・・・。



しかし、この瞑眩(めんげん)を経験して、進藤先生の本にあった「瞑眩が辛くて、冷え取りをやめてしまう人が多い」という言葉にうなずける・・。冷え取りなんて〜と簡単に考えていたが、自分の力で排毒しようと身体が頑張ったときは、毒が溜まっていればいるほど辛くなるのだろう!!


しかし、足湯は”気持ちいい”ので今日も約40分した^^。最近は、20分を過ぎる頃から汗が出てくる^^。昨日は、下着や半袖シャツまで汗でビッショリになり、着替えなければならないほどに〜(*゚▽゚*)・。近所のスーパーに冷え取り用の「絹製靴下」が売っていたのでたくさん買い込だ・・。今は、3枚重ねばきしているが、、これを10枚近く重ね履きしている方も多いのには驚く^^。靴が履けないよ〜( ̄◇ ̄;)〜。


免疫学の権威、安保徹先生は、ガンの原因は「低体温・低酸素・高血糖の体質」と言っているが・・、冷え取りでまずは「低体温・低酸素の体質」は改善できると思う^^。足(下半身)を温めれば全身の血流が良くなり、当然体温も上がる。


血流がよくなれば、酸素は(栄養素も)血液で全身に(末端まで)運ばれ、老葉物は回収される。低体温、低酸素の体質を改善するには、もってこいの対策だと思う。私の場合は消化器系が弱いので、「腸の健康」が一番大切だと思っている・・。


免疫の70%が腸管で作られるという・・。その腸が元気でなければ”免疫力”があがらない・・。また、どんなに栄養を採っても、さらにガンに効くという乳酸菌やサプリなどを摂取しても、、腸がそれを吸収できなければあまり意味がないのだ^^。


まず、腸が健全に機能できるようにすることが先だ・・・。合成化学物質(保存料、添加物、化学薬品・・etc)が身体に長年蓄積されていれば、、腸の健全な機能も阻害されているに違いない^^。この際、、辛くても、”冷え取り”を続けて、なんとか自分の力で、排毒できる体質までにしたい・・・そう思っている^^。



         ・conv0176.jpg
          近所のスーパー(コモディ・イイダ)で絹製靴下を見つけた!
          冷え取り用の重ね履き靴下は、絹製か綿製が良いらしい〜



         ・conv0179.jpg
          5本指のモノもついでに購入〜、(4足で約1200円(^O^))
              これ重ね履きできるの??( ̄◇ ̄;)



進藤先生の冷え取りの本を再度紹介しておきます^^!!

         ・conv0138.jpg

         ・conv0137.jpg



にほんブログ村 健康ブログ 冷え取り健康法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 東洋医学へ
にほんブログ村






2013年07月26日

鍼灸院・・・その後^^

鍼灸院、、、その後はどうしたか??というと・・・、肘の痛みが良くなったのと、腹痛の方がひどくなったので・・、行っていない〜!


しかし、鍼灸院で出していただいた、自分でできる「お灸」は、続けている^^。1箱、120回分のお灸が入っているが、先日全部使ってしまったので、同じタイプをアマゾンで購入した^^。120回分で送料込で2000円程度・・・。


私は1回に3〜4箇所やるので、1ヶ月ぐらいはもつ。やり方は簡単で、お灸を1つ台座から外して、お灸をしたいところに置くだけ!粘着剤がついているので、ピタッとついて終わるまで外れることはない^^。ライターで火をつける・・・あまり煙は出ない・・、終わるまでは約2分・・。


終わっても、手で取ると熱くてやけどをしてしまうので、ピンセットでつまんで取る〜。小さな皿に少し水をはって、ピンセットで外したお灸は水に入れて処理する・・。極めて簡単だ・・。火が消えてもまだ効果があるらしいが・・、2分以上つけていると熱くて我慢ができなくなる〜!・・(>_<)・・


お灸をすると、、施術箇所を中心に白血球が集まり活性化して、全身の免疫力も増すということだ・・・。鍼とかお灸も東洋医学だから・・・、もしかしてあまりやったことがないと瞑眩(めんげん)が起きるのかもしれない??


冷え取りの「半身浴」「足湯」「鍼灸」「靴下重ね履き」などを始めたのが、ちょうど1ヶ月半ぐらい前からだから、腹痛が起きた頃と合致する^^。それまでは、食べ物、睡眠時間、運動などで生活習慣を改善してきたが、”冷え取り”のような療法はしていない!


進藤先生の本によると、毒素が溜まっている場合は、瞑眩(めんげん)は激しいものらしいので、、今回の体調と関係があるかもしれないと思っている・・。しかし、面倒な準備もお金もいらない^^、自分のやる気だけで継続できるのがいいと感じている〜(^O^)〜。


半身浴より「足湯」が手軽で、その気持ちよさに、。最近ははまっている^^。この簡単な「お灸」もいい感じなので、続けてみようと思っている〜(*゚▽゚*)〜!!



        ・conv0169.jpg
          1箱・120回分が2段に入っている



        ・conv0170.jpg
          簡単に台座から外せる、、それをする箇所にのせるだけ・・




         ・conv0171.jpg
          水を入れた小皿と、ピンセットを用意する




         ・conv0172.jpg
          施術箇所に乗せて、ライターで火をつける(約2分で終わる)
           煙はあまり出ない^^




         ・conv0173.jpg
          施術箇所はやや赤くなるが、手で拭えばすぐ消える




         ・conv0174.jpg
          肘痛は、ここの場所(なんて言ったかな?)もツボに当たる




         ・conv0175.jpg
          終わったら、ピンセットで水を張った皿に入れて、火を消す





にほんブログ村 健康ブログ 冷え取り健康法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 東洋医学へ
にほんブログ村

2013年06月27日

快適^^半身浴〜!!

『冷え取り』の半身浴を初めて7日目〜!!すごくきもちいいです〜(*´▽`*)〜!はまっている感じ^^。やっぱり、気持ちいいことは、”自分に合っている”んですね。これは生活習慣になりそうです。


どうしても身体が、冷えの体質になっているような気がして始めましたが・・・、なんとも気持ちいい〜。簡単で、コストもかからず、副作用もない^^。でも効果はすごいものがあるらしいです!!


湯温は38度ぐらいに、昨日の溜まっている風呂の湯を半分にしてから追い焚きします。小さな置時計、本(今読んでいるもの)、ボールペン(本に赤線を引くための〜)、タオルなどを準備して入ります。洗い桶をお尻の板に敷くと、高さがちょうどいい^^。上半身はシャツを着たままです。


風呂のフタを半分ぐらい閉めて、そこに本を置いて読みます〜。入る時間は20〜40分ぐらい^^。1時間ぐらいは入れそうですが、心配して見に来る人がいる(爆)ので40分ぐらいでやめています・・・。簡単にできますが、これも続けないと効果が出ないようです。


私の場合は、「気持ちいい〜(*´▽`*)」と感じているので、続けられそうです〜(^O^)〜。夏こそ、冷え取りがいい〜〜!
<追記>
肝臓ガンで末期の腹水がひどかった患者さんが、半身浴と冷え取りを続けて瞑眩と戦いながらも、ガンが完全に消えてなくなったという話がありました(「これが本当の『冷え取り』の手引書」P26〜27)。



        ・conv0142.jpg
          ぬるい湯温ですが、寒いと感じません^^



        ・conv0143.jpg
          足湯や”ゆたんぽ”も効果があるそうです!




にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村
 http://www.sth3.com/suizougan/ にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。